2019年03月09日

「司馬遼太郎に日本人を学ぶ」(森史朗)

司馬遼太郎に日本人を学ぶ (文春新書) [ 森 史朗 ] - 楽天ブックス
司馬遼太郎に日本人を学ぶ (文春新書) [ 森 史朗 ] - 楽天ブックス 「司馬遼太郎に日本人を学ぶ」(森史朗) 2016年発行。 https://books.bunshun.jp/ud/book/num/1666106500000000000P 僕の好きな作家の一人。 一時、読みまくった時期がありました。 ただし、 長編の作品はあまり手を付けませんでした。苦笑 著者は 司馬遼太郎氏の編集担当者だった人。 帯にあるように、 ..
posted by mulberry at 09:25

2017年09月10日

「日本を教育した人々」(齋藤孝)

9784480063908.jpg 2007年11月発行 「日本を教育した人々」(齋藤孝) http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480063908/ 本書で取り上げているのは4人の人物。 教育という視点で 人物を評価しています。 面白い視点だと思って、 本書を読みました。 僕は その4人の人物の生き様や作品に共感しています。 各人物の著作も いくつかは読みました。 その4人とは 吉田松陰、福沢諭吉、夏目漱石..
posted by mulberry at 16:31

2016年04月06日

「司馬遼太郎に日本人を学ぶ」(森史朗)

司馬遼太郎に日本人を学ぶ [ 森史朗 ] - 楽天ブックス
司馬遼太郎に日本人を学ぶ [ 森史朗 ] - 楽天ブックス 著者はかつて 「文芸春秋」編集室でで司馬担当だった人。 この作品は 若い人から司馬作品の何から読めばいいかと問われたのがきっかけです。 僕も参考にしたいと思い、 読んでみました。 彼の答えは 1、「燃えよ剣」(新選組・土方歳三)、2、「竜馬がゆく」(坂本龍馬)、 3、「最後の将軍」(徳川慶喜)、4、「世に棲む日々」(.吉田松陰・高杉晋作) さらに 「翔ぶが如く」(西郷隆盛)や..
posted by mulberry at 09:04

2015年11月24日

「街道をゆく15 北海道の諸道」(司馬遼太郎)

街道をゆく 15 新装版 - ぐるぐる王国 楽天市場店
街道をゆく 15 新装版 - ぐるぐる王国 楽天市場店 「15.北海道の諸道」 2/3ほどが道南、函館から松前・江差です。 1/3が札幌から厚田、新十津川、陸別です。 道南では 松前藩の時代、高田屋嘉平、開陽丸のこと。 札幌から先では 札幌の開拓時代、十津川からの移住、屯田兵、関寛斎のことなど。 つい先日、ブラタモリで札幌編があったので、 札幌の開拓時代の話はさらに興味が持てました。 http://publications.asah..
posted by mulberry at 09:36

2015年11月21日

「街道をゆく42 三浦半島記」(司馬遼太郎)

街道をゆく 42 三浦半島記 朝日文庫 / 司馬遼太郎 シバリョウタロウ 【文庫】 - LAWSONほっとステーション
街道をゆく 42 三浦半島記 朝日文庫 / 司馬遼太郎 シバリョウタロウ 【文庫】 - LAWSONほっとステーション 「42.三浦半島記」、 大部分が鎌倉時代にまつわる話。 特に、頼朝の時代が多い。 横須賀「三笠」がらみで、海軍の話題や おりょうの墓がらみで坂本龍馬の話題なども出てきます。 司馬氏は 鎌倉時代(武家社会)が日本の歴史を変えたと書いています。 http://publications.asahi.com/ecs/detail/..
posted by mulberry at 14:54

2015年11月13日

「街道をゆく24 近江散歩、奈良散歩」(司馬遼太郎)

街道をゆく 24 近江散歩、奈良散歩 朝日文庫 / 司馬遼太郎 シバリョウタロウ 【文庫】 - LAWSONほっとステーション
街道をゆく 24 近江散歩、奈良散歩 朝日文庫 / 司馬遼太郎 シバリョウタロウ 【文庫】 - LAWSONほっとステーション 「24.近江散歩、奈良散歩」 近江と奈良二本立てです。 冒頭、 「私はどうにも近江が好きである。」と述べています。 近江散歩の範囲は 近江八幡から長浜周辺くらいまでです。 このあたりは 戦国武将の話にはことことかきません。 古くから続く もぐさ店、鉄砲店も話題に上がります。 奈良散歩では 興福寺、東大寺..
posted by mulberry at 08:43

2015年11月12日

「街道をゆく18 越前の諸道」(司馬遼太郎)

街道をゆく 18 越前の諸道 朝日文庫 / 司馬遼太郎 シバリョウタロウ 【文庫】 - HMV ローソンホットステーション R
街道をゆく 18 越前の諸道 朝日文庫 / 司馬遼太郎 シバリョウタロウ 【文庫】 - HMV ローソンホットステーション R 「18.越前の諸道」です。 http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=9970&PHPSESSID=4edk68t0hr5cbenqm90cb5tafc33ud4dlfo1cqr0shepcq5m2500 つい最近、 福井県を訪れましたが、いくつかの訪問先も出てきました。 永..
posted by mulberry at 16:01

2015年11月04日

「街道をゆく13 壱岐・対馬の道」(司馬遼太郎)

街道をゆく 13 新装版 - ぐるぐる王国 楽天市場店
街道をゆく 13 新装版 - ぐるぐる王国 楽天市場店 司馬遼太郎、「街道をゆく」シリーズ、読み始めました。 はじめに読み始めたのは「13.壱岐・対馬の道」です。 http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=9902 対馬は2014年10月に訪れました。 まだ壱岐には行ったことがありません。 http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub3-89.html こう..
posted by mulberry at 11:38

2015年10月07日

「明治国家のこと」(司馬遼太郎 関川夏央編)

明治国家のこと [ 司馬遼太郎 ] - 楽天ブックス
明治国家のこと [ 司馬遼太郎 ] - 楽天ブックス 本書は 幕末・明治コレクションとして、18編が入っています。 司馬氏の文章は、たいがいはすらすらと読めます。 余談や脱線が多いのも特徴かと。 本書では 日露戦争の頃の話題が多くなっています。 作品でいえば「坂の上の雲」 司馬氏が膨大な資料を集め、作品を書いているのもわかります。 海軍のことは、当時の軍人にもかなり聞き取りをしています。 この本を読んで感じたこと。 明治時代で、の..
posted by mulberry at 15:41

2015年04月21日

「幕末維新のこと」(司馬遼太郎)

幕末維新のこと [ 司馬遼太郎 ] - 楽天ブックス
幕末維新のこと [ 司馬遼太郎 ] - 楽天ブックス 幕末・維新の時代について、 小説以外の文章・対談・講演から、19篇を収録しています。 司馬氏は 多くの歴史小説を発表しました。 小説なのですが 歴史や人物の薀蓄も多岐に渡ります。 19編の中では 坂本龍馬、吉田松陰、勝海舟、西郷、木戸、高杉などがよく登場します。 その中でも、 やはり坂本龍馬が一番好きだったのだと思います。 作品としては「竜馬がゆく」です。 この小説は..
posted by mulberry at 16:04

2015年03月16日

「以下、無用のことながら」(司馬遼太郎)

以下、無用のことながら [ 司馬遼太郎 ] - 楽天ブックス
以下、無用のことながら [ 司馬遼太郎 ] - 楽天ブックス 単行本未収録のエッセイからの71篇です。 テーマは多岐に渡ります。 エッセイながら知識として役立つことも多くあります。 http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167663131
posted by mulberry at 16:01

2015年01月04日

「もういちど村上春樹にご用心」(内田樹)


もういちど村上春樹にご用心 最近、 僕は村上春樹本を読みだして徐々にはまりつつあります。 そこで 参考書としてこの本も読んでみました。 http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167902599 国民作家として司馬遼太郎に次ぐ存在の村上春樹。 しかし司馬が国内だけのONのような存在であるのに対し、 村上はイチローのようなメジャー級です。 つまり ワールドワイドに内容が共感されるかどうかなのでしょう..
posted by mulberry at 10:35

2013年04月13日

「新装版 真説宮本武蔵」(司馬遼太郎)

275371-1.png タイトルは宮本武蔵ですが、 実際には6人剣客の短編となっています。 宮本武蔵・吉岡憲法・千葉周作・ 森要蔵・栃尾源左衛門・ゆいず(蜍児)の6人です。 さて、みなさんもご存知でしょうか? 宮本武蔵・千葉周作あたりまでですね。 それから 宮本武蔵野との戦いに出てくる吉岡憲法あたりまででしょうか。 僕も実際そうです。 6人6様の生き様です。 http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/s..
posted by mulberry at 11:53

2013年04月03日

「宮本武蔵」(司馬遼太郎)

13091.jpg 宮本武蔵の生涯を描いた小説です。 http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=13091 宮本武蔵といえば剣法の達人。 しかし天才ゆえか、 彼が確立した兵法「二天一流」は結局すたれていったそうです。 有名な決闘シーンもいくつか登場します。 武蔵は敵を「見切る」ということを重要視していました。 まず見切ることで 戦う相手を選んでいたのです。 そしてもちろん 戦いの上で..
posted by mulberry at 16:36

2012年12月01日

「菜の花の沖」全6巻(司馬遼太郎)

9784167105860.jpg 「菜の花の沖」は 高田屋嘉兵衛の生涯を描いた物語。 時代は江戸時代後半。 舞台は淡路島から始まり北海道・ロシアへと北へ広がります。 全6巻。長い物語です。 大まかに言うと、物語は前・後半に分かれます。 前半3巻は 嘉兵衛の出生から廻船問屋・海商として一代をなす出世物語。 瓦船の飯炊きから始まり、船頭になり、さらに船主となってのち、 順当に商売をのばし、新天地・北海道に商売をかけていきます。 後半3巻は ロシアと日本との接触..
posted by mulberry at 10:17

2012年02月18日

「殉死」(司馬遼太郎)

9784167663346.jpg ここ数年の年末、 「坂の上の雲」がテレビ放映されていましたね。 著者は同じ、司馬遼太郎氏。 この本の主人公は乃木希典。 「坂の上の雲」でも出てきます。 肩書きは 陸軍大将・伯爵・宮内省御用掛・学習院院長・軍事参議官など。 肩書きはすごいですね。 http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167663346 乃木は指揮官としては それほど評される..
posted by mulberry at 11:39

2011年11月13日

「世に棲む日日(司馬遼太郎)」

9784167663063.jpg 11/13 旧10/18 はれ 世に棲む日日は全4巻の小説です。 http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167663063 幕末の長州が舞台。 始まりは吉田松陰からです。 2巻で吉田松陰から高杉晋作にバトンタッチし、 3、4巻は完全に高杉物語。 吉田と高杉、どちらも狂の人。 しかし 吉田は思想の人、高杉は行動の人。 高杉は革命を起こ..
posted by mulberry at 16:03

2011年04月27日

映画「桜田門外ノ変」をDVDで観る

zs07157.jpg 劇場には行けなかったのでDVDを購入しました。 http://www.toei-video.co.jp/data/hs/vcatalog_dvd/item/201104/dszs07157.html 企画者・橘川栄作氏が高校(水戸一高)の同級生なので、 この記事は慎重に書かなくてはいけません。(苦笑) (クレジットで水戸一高昭和56年卒一同というのも確認しました。) 映画での主人公は 井伊直弼襲撃の現場指揮をした関鉄之介(大沢たかお)です。 ..
posted by mulberry at 11:18

2011年04月14日

『空海の風景』を旅する

『空海の風景』は司馬遼太郎原作で、 空海の生涯を描いた歴史小説です。 http://www.chuko.co.jp/bunko/1994/03/202076.html そしてこの本は、 NHKスペシャル『空海の風景』を撮影したNHK取材班によるものです。 http://www.chuko.co.jp/bunko/2005/08/204564.html 空海が訪ねた場所を生涯に素って章立てて書かれています。 讃岐、奈良、室戸岬、渡海、長安、博多、東寺、高野..
posted by mulberry at 15:45

2011年04月10日

馬上少年過ぐ(司馬遼太郎)


馬上少年過ぐ タイトル他、全7編が収録されています。 主人公は、 伊達政宗『馬上少年過ぐ』 河井継之助 『英雄児』 海援隊士 菅野覚兵衛・佐々木栄『慶応長崎事件』 田崎早雲 『喧嘩草雲』 山田重庵『重庵の転々』 大須賀万左衛門『城の怪』 脇坂甚内『貂の皮』。 それぞれが短くまとめられた短編ですので、 おおむねタイトルがテーマであり、 そこに焦点を絞ってまとめられています。 主人公はそれほど知られていない人もいますが、 生き様はみなや..
posted by mulberry at 15:43

2011年03月07日

司馬遼太郎 歴史のなかの邂逅5


司馬遼太郎歴史のなかの邂逅 5 3/7 旧2/3 はれ このシリーズは全8巻です。 歴史上の人物を主題とするエッセイを 集成したものです。 今回読んだのは5巻です。 「坂本龍馬~吉田松陰」で22篇が収録されています。 http://www.chuko.co.jp/bunko/2011/01/205429.html 22篇のうちでは、 坂本龍馬(坂本竜馬)の話しが大半です。 エッセイの集成ですので、 話は重複するものがあります。..
posted by mulberry at 08:06

2011年02月17日

「歴史と風土」(司馬遼太郎)

歴史と風土 [ 司馬遼太郎 ] - 楽天ブックス
歴史と風土 [ 司馬遼太郎 ] - 楽天ブックス 2/17 旧1/15  はれ この本は文庫オリジナルで、司馬氏の談話集です。 大きくは 「歴史と風土」15編と「隣の土々(くにぐに)」3編 に分かれています。 http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167105754 編ごとのテーマは多岐にわたります。 年代・地域ももかなり幅広いです。 テーマごと..
posted by mulberry at 08:50

2011年02月10日

小学1年生の「むかしあそび」

P2090694.JPG 2/10 旧1/8 はれ 1年生の旭が 学校で作った物を持って帰ってきました。 ハスノハギリ(広域種・ハスノハギリ科)で作った 帽子と草履。 シュロガヤツリ(外来種・カヤツリグサ科)で作った 提灯です。 授業で島のおじいちゃん・おばあちゃんに教わった 昔遊びです。 現在、授業であえてやらないといけないくらい、 こういう遊びもすたれてきています。 世の中、普遍性のある文明ばかりになっていきます。 文化とは地域性そのもの。 ..
posted by mulberry at 08:28

2011年01月25日

1台の荷車には1個だけ荷物を

1/25 旧12/22 はれ 「1台の荷車には1個だけ荷物を」は 司馬遼太郎「以下、無用のことながら」の 解説に出ていました。 http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167663131 これは 文章の書き方のアドバイスです。 つまり 「1つのセンテンスに1つの意味を」という意味です。 そうしないと、 読者が理解できないと思うべきだそうです。 ..
posted by mulberry at 08:32

2011年01月20日

歴史と視点-私の雑記帖-(司馬遼太郎)


歴史と視点 私の雑記帖 出版社のこの本の紹介では 「積年のテーマ“権力とは”、“日本人とは”に迫る 独自な発想と自在な思索の軌跡。」とあります。 http://www.shinchosha.co.jp/book/115226/ 僕個人としては、 歴史の表にはあまり出てこない見方(視点)を 提供している本と思います。 タイトル「歴史と視点」というのも合点が行きます。 10の短編で、 著者の戦車部隊での経験談、 長州の維新立役者たちが頭の上が..
posted by mulberry at 15:42

2011年01月14日

1/16から1/30は充電期間、読書週間にしたいな

明日1/15におが丸が出港すると、 東京着後はドック入りします。 次便の入港は1/31となります。 約2週間空きができます。 今回は島にいるので、充電期間となりそうです。 ガイドの仕事はありませんが、 調査系の仕事が何日かお手伝いで入りそうです。 決算関係もまとめてやってしまおうと思っています。 あとは積読の本があるので、 じっくり読みたいと思っています。 この2週間は僕の読書週間にしたいです。 「ホーキング、宇宙と人間を..
posted by mulberry at 10:57

2010年12月05日

[龍馬伝」の次は「坂の上の雲」

12/5 旧10/30 はれ この前の日曜日で「龍馬伝」が終わり、 今週からは「坂の上の雲」です。 http://www9.nhk.or.jp/sakanoue/ この年末は4回分で、 昨年からのシリーズで第6-9回です。 今日は第6回「日英同盟」です。 最近、司馬遼太郎の本を読み出していますが、 実はまだこの原作を読んでいません。 8巻もあって長いのが手をつけていない理由です。 ただ、関川夏央氏「坂の上の雲」と日本人  を読んでいま..
posted by mulberry at 08:28

2010年11月23日

司馬遼太郎「酔って候」


02370198.jpg 11/23 旧10/18 くもり 「酔って候」は、幕末のころ、 藩の実権を握っていた4人を描く短編集です。 暗に陽に活躍した人たちです。 http://www.bk1.jp/product/02370198 http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167105082 タイトル「酔って候」は土佐の山内容堂、 「きつね馬」は薩摩の島津久光、 「伊達の黒船」は宇和..
posted by mulberry at 08:12

2010年10月17日

映画「桜田門外ノ変」封切

映画「桜田門外ノ変」が封切となりました。 http://www.sakuradamon.com/ この映画には 茨城県庁に勤める高校(水戸一)の同級生が 映画化支援の会でかかわっていました。 http://mitoppo.jp/ 司馬遼太郎の「幕末」12編の1つに 「桜田門外の変」が書かれています。 あとがきで著者は、 桜田門外ノ変は歴史を躍進させたと述べています。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives..
posted by mulberry at 14:24

2010年10月09日

「幕末」司馬遼太郎

幕末新装版 [ 司馬遼太郎 ] - 楽天ブックス
幕末新装版 [ 司馬遼太郎 ] - 楽天ブックス 「幕末」は 幕末におきた暗殺あるいは暗殺がらみの 12編の歴史小説です。 実際に起きた事件ですが、著者いわく小説です。 http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167105938 小説ごとに暗殺された人、暗殺して生き延びた人、 暗殺し損ねた人などいろいろです。 生き延びた人には 明治新政府の元で出世している..
posted by mulberry at 08:06

2010年08月15日

螺旋を描いて(砲身の中)


P8050760.JPG 十二糎高角砲の砲身の中です。 以前にも一度記事に書いています。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/8436302.html 中の溝は 施条(しじょう)あるいはライフルというようです。 以前読んだ司馬遼太郎「アームストロング砲」には 施条をつける技術開発の苦労が少し書かれています。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9438704.html こ..
posted by mulberry at 09:06

2010年07月21日

文庫:最後の将軍-徳川慶喜-


9784167105655.jpg 司馬遼太郎著作、最後の将軍-徳川慶喜-です。 http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167105655 彼の表舞台の人生は、 大政奉還、将軍職の辞職、辞官納地により 終わりました。 この本では そこまでの表舞台の人生に大部分を割いています。 非常に有能な人物として書かれています。 表舞台と言っても、 本当の表舞台、将軍の期間は2年足らずです。 ..
posted by mulberry at 14:24

2010年07月15日

新書:零の発見


00144950.jpg 司馬遼太郎氏が読んでいたという文章を読んで、 読む気になりました。 「零の発見」は サブタイトルが-数学の生いたち-です。 大きなテーマとしては 零の発見 -アラビア数字の由来- と 直線を切る-連続の問題-  の2つです。 この2つのテーマを、歴史的な背景を踏まえて、 どう先人たちは解き明かしたかが書かれています。 著者はこの本を 数学を材料とした通俗的読み物集としています。 第1冊発行は1939年と戦前ですが、 2009年時..
posted by mulberry at 17:27

2010年05月26日

夏目漱石「三四郎」


101004.jpg 高校生か大学生のころ、 夏目漱石の本をたくさん読みました。 この「三四郎」も読んだはずです。 なんとなくストレイシープ(迷羊)のフレーズが かすかな記憶にありましたから。 ただストーリーはまったく忘れていました。 司馬遼太郎氏の本で、 夏目漱石の「三四郎」のことが出てきたので、 読んでみる気になりました。 http://www.shinchosha.co.jp/book/101004/ 読むのは30年ぶりくらいになるでしょう。 ..
posted by mulberry at 16:25

2010年05月22日

文庫本:アームストロング砲


274932-1.gif 司馬遼太郎氏の小説をようやく読みました。 司馬遼太郎には超メジャーな作品が いくつかあります。 しかし、僕がタイトルに引かれて読んだのが、 この「アームストロング砲」です。 幕末のころを舞台にした短編小説が9編です。 「アームストロング砲」もその短編の1つです。 新選組がらみがいくつかありました。 僕自身、よく知らない人物が多かったですが、 それぞれ興味深く読めました。 各短編の主人公は 肝付又助(薩摩藩)、大橋敬之助(立石孫一郎..
posted by mulberry at 14:23

2010年03月30日

出港、それとも出航

いつも疑問に思うことがあります。 船が港を出て行くときに使うべき言葉は、 出航、それとも出港なのでしょうか。 広辞苑によると、 出航:船が航海に出ること 出港:船が港を出ること この意味で考えると、、 普通、船が港を出るのは航海のためですから、 出港すなわち出航ですよね。 なんだか どっちでも良さそうですね。 ちなみに戦前の海軍では「出港」だったようです。 「司馬遼太郎からの手紙 下」の 正木さんの「出港」の章で正木氏から聞い..
posted by mulberry at 16:18

2010年03月29日

本:司馬遼太郎からの手紙


hh3719.jpg 3/29 旧2/14 くもり 司馬遼太郎からの手紙 上・下を読み終わりました。 「街道をゆく」がテーマになった旅がらみで、 縁の会った人とへの手紙です。 司馬さんは縁のある人をとても大事にする人だと 手紙から読み取れます 司馬さんの興味からして当然なのでしょうが、 歴史・文化・考古学などでその道一筋の人が とても好きなようです。 一流が一流を呼ぶという感じでしょうか。 3/18付にも記事を載せています。 http://blog..
posted by mulberry at 08:27

2010年03月18日

本:司馬遼太郎からの手紙 上・下


3719.jpg司馬遼太郎氏の小説は1冊も読んでませんが、 司馬氏の考え方・思いがすごく気になっています。 少し前、司馬遼太郎の「かたち」(関川夏央氏)を 読みました。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9235414.html さらに司馬氏の手紙を読んで見たいと思い この本も手に入れました。 こちらは「街道をゆく」がらみの手紙です。 http://publications.asahi.com/ecs/detail/?..
posted by mulberry at 14:58

2010年03月03日

文庫:司馬遼太郎の「かたち」


9784167519070.jpg「この国のかたち」をたった6冊読んだだけですが、 少々、司馬遼太郎かぶれの感があります。 で次に読んだのが、関川夏央氏のこの本です。 http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167519070 司馬氏が「この国のかたち」の原稿を送るときに 編集長に手紙を添えていたそうです。 その手紙を読むと、 そのときの司馬氏の気持ちがよく現れています。 原稿が書か..
posted by mulberry at 13:40

2010年03月02日

本:この国のかたち1-6

2010年2月4日付の記事で 司馬遼太郎の「この国のかたち」のことを 書きました。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9164826.html 連続で読み続けて、ようやく6冊読み終わりました。 日本という型がどうやってできてきたか、 さまざまな時代・テーマでとりあげられています。 同じテーマを 数回連続で取り上げているのもあります。 良いも悪いも思い入れがあるということでしょう。 「統帥..
posted by mulberry at 09:32

2010年02月09日

文庫:東京に暮す 1928-1936

1928年から1936年と時代は昭和初期です。 外交官婦人のキャサリン・サムソンが 見て感じた日本人や日本の生活などが 書かれています。 司馬遼太郎氏が嫌う昭和の初期ですが この本では政治的・軍事的な記述は ほとんどありません。 すでにかなり近代化していた東京のようですが、 今に比べればまだのどかな雰囲気が漂っています。 著者は長く日本に住んでいただけあって、 かなり日本びいきだとは思います。 でもイギリス人だけあって イギリスとの..
posted by mulberry at 08:44

2010年02月04日

文庫:この国のかたち1~6


9784167105853.jpg僕は今まで司馬遼太郎の小説を読んだことが ありませんでした。 一冊で完結してなくて、 シリーズで長いものばっかりだったからです。 ついに読む気になりました。 といっても小説ではありません。 「文藝春秋」巻頭エッセイとして 連載されていたものです。 1-6巻まであります。 やや難しいところもありますが、 基本的には読みやすいです。 彼の言葉によると、 この国の習俗・慣習、思考や行動の基本的な型を 大小となく煮詰め、 エキスみたいな..
posted by mulberry at 14:21