2023年01月13日

2/13朝、曇り・・本の断捨離

1/13(旧12/22)朝、曇り・21度の予報 ・・本の断捨離 本は読み終わった後、 大部分は保管しています。 長年、たまった本で、 もう本棚は目いっぱい。 今年は、 逆に少しずつ断捨離です。 確実に残しているのは、 小笠原関連、戦争・戦跡関連、 植物関連など。 こういう時、 広い家と大きな本棚がうらやましいです。 比較にもならないですが、 司馬遼太郎さんの蔵書はすさまじい量です。 綿密な下調べの下、 作品を書い..
posted by mulberry at 07:13

2023年01月12日

1/12朝、晴れ・司馬作品人気トップ3

1/12(旧12/21)朝、晴れ・20度の予報 司馬作品人気トップ3 今朝のニュースで、 司馬遼太郎の人気の作品の紹介がありました。 トップ3は 3位 燃えよ剣 2位 竜馬がゆく 1位 坂の上の雲 やば。 1、2位は既読ですが、 「燃えよ剣」まだ読んでないです。 新選組、 ちょっと食わず嫌いでした。 人気あるんですね。 さっそく、中古でもぽちります。笑 僕のトップ3は何かな? 峠、国盗り物語、菜の花の沖、 世に棲..
posted by mulberry at 07:15

2022年07月06日

7/6朝、晴れ・・河合継之助

7/6(旧6/8)朝、晴れ・31度の予報 ・・河合継之助 司馬遼太郎「峠」を読んでいます。 司馬作品は多数読んでいますが、 読まず嫌いで、ようやく読み始めました。 3巻なので、 それほどかからず読み終えるでしょう。 主人公は河合継之助。 1巻目で、 もっと早く読めばよかったと後悔しています。 司馬作品の中でも、 個人的にはトップクラスの面白さです。 河合継之助という人物。 先の日本をきちんと見据えながら、 藩にこだわりま..
posted by mulberry at 07:04

2017年09月10日

「日本を教育した人々」(齋藤孝)

9784480063908.jpg 2007年11月発行 「日本を教育した人々」(齋藤孝) http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480063908/ 本書で取り上げているのは4人の人物。 教育という視点で 人物を評価しています。 面白い視点だと思って、 本書を読みました。 僕は その4人の人物の生き様や作品に共感しています。 各人物の著作も いくつかは読みました。 その4人とは 吉田松陰、福沢諭吉、夏目漱石..
posted by mulberry at 16:31

2015年01月04日

「もういちど村上春樹にご用心」(内田樹)


もういちど村上春樹にご用心 最近、 僕は村上春樹本を読みだして徐々にはまりつつあります。 そこで 参考書としてこの本も読んでみました。 http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784167902599 国民作家として司馬遼太郎に次ぐ存在の村上春樹。 しかし司馬が国内だけのONのような存在であるのに対し、 村上はイチローのようなメジャー級です。 つまり ワールドワイドに内容が共感されるかどうかなのでしょう..
posted by mulberry at 10:35

2013年04月13日

「新装版 真説宮本武蔵」(司馬遼太郎)

275371-1.png タイトルは宮本武蔵ですが、 実際には6人剣客の短編となっています。 宮本武蔵・吉岡憲法・千葉周作・ 森要蔵・栃尾源左衛門・ゆいず(蜍児)の6人です。 さて、みなさんもご存知でしょうか? 宮本武蔵・千葉周作あたりまでですね。 それから 宮本武蔵野との戦いに出てくる吉岡憲法あたりまででしょうか。 僕も実際そうです。 6人6様の生き様です。 http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/s..
posted by mulberry at 11:53

2013年04月03日

「宮本武蔵」(司馬遼太郎)

13091.jpg 宮本武蔵の生涯を描いた小説です。 http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=13091 宮本武蔵といえば剣法の達人。 しかし天才ゆえか、 彼が確立した兵法「二天一流」は結局すたれていったそうです。 有名な決闘シーンもいくつか登場します。 武蔵は敵を「見切る」ということを重要視していました。 まず見切ることで 戦う相手を選んでいたのです。 そしてもちろん 戦いの上で..
posted by mulberry at 16:36

2011年04月27日

映画「桜田門外ノ変」をDVDで観る

zs07157.jpg 劇場には行けなかったのでDVDを購入しました。 http://www.toei-video.co.jp/data/hs/vcatalog_dvd/item/201104/dszs07157.html 企画者・橘川栄作氏が高校(水戸一高)の同級生なので、 この記事は慎重に書かなくてはいけません。(苦笑) (クレジットで水戸一高昭和56年卒一同というのも確認しました。) 映画での主人公は 井伊直弼襲撃の現場指揮をした関鉄之介(大沢たかお)です。 ..
posted by mulberry at 11:18

2011年04月10日

馬上少年過ぐ(司馬遼太郎)


馬上少年過ぐ タイトル他、全7編が収録されています。 主人公は、 伊達政宗『馬上少年過ぐ』 河井継之助 『英雄児』 海援隊士 菅野覚兵衛・佐々木栄『慶応長崎事件』 田崎早雲 『喧嘩草雲』 山田重庵『重庵の転々』 大須賀万左衛門『城の怪』 脇坂甚内『貂の皮』。 それぞれが短くまとめられた短編ですので、 おおむねタイトルがテーマであり、 そこに焦点を絞ってまとめられています。 主人公はそれほど知られていない人もいますが、 生き様はみなや..
posted by mulberry at 15:43

2011年02月17日

「歴史と風土」(司馬遼太郎)

歴史と風土 [ 司馬遼太郎 ] - 楽天ブックス
歴史と風土 [ 司馬遼太郎 ] - 楽天ブックス 2/17 旧1/15  はれ この本は文庫オリジナルで、司馬氏の談話集です。 大きくは 「歴史と風土」15編と「隣の土々(くにぐに)」3編 に分かれています。 http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167105754 編ごとのテーマは多岐にわたります。 年代・地域ももかなり幅広いです。 テーマごと..
posted by mulberry at 08:50

2011年02月10日

小学1年生の「むかしあそび」

P2090694.JPG 2/10 旧1/8 はれ 1年生の旭が 学校で作った物を持って帰ってきました。 ハスノハギリ(広域種・ハスノハギリ科)で作った 帽子と草履。 シュロガヤツリ(外来種・カヤツリグサ科)で作った 提灯です。 授業で島のおじいちゃん・おばあちゃんに教わった 昔遊びです。 現在、授業であえてやらないといけないくらい、 こういう遊びもすたれてきています。 世の中、普遍性のある文明ばかりになっていきます。 文化とは地域性そのもの。 ..
posted by mulberry at 08:28

2011年01月25日

1台の荷車には1個だけ荷物を

1/25 旧12/22 はれ 「1台の荷車には1個だけ荷物を」は 司馬遼太郎「以下、無用のことながら」の 解説に出ていました。 http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167663131 これは 文章の書き方のアドバイスです。 つまり 「1つのセンテンスに1つの意味を」という意味です。 そうしないと、 読者が理解できないと思うべきだそうです。 ..
posted by mulberry at 08:32

2011年01月14日

1/16から1/30は充電期間、読書週間にしたいな

明日1/15におが丸が出港すると、 東京着後はドック入りします。 次便の入港は1/31となります。 約2週間空きができます。 今回は島にいるので、充電期間となりそうです。 ガイドの仕事はありませんが、 調査系の仕事が何日かお手伝いで入りそうです。 決算関係もまとめてやってしまおうと思っています。 あとは積読の本があるので、 じっくり読みたいと思っています。 この2週間は僕の読書週間にしたいです。 「ホーキング、宇宙と人間を..
posted by mulberry at 10:57

2010年12月05日

[龍馬伝」の次は「坂の上の雲」

12/5 旧10/30 はれ この前の日曜日で「龍馬伝」が終わり、 今週からは「坂の上の雲」です。 http://www9.nhk.or.jp/sakanoue/ この年末は4回分で、 昨年からのシリーズで第6-9回です。 今日は第6回「日英同盟」です。 最近、司馬遼太郎の本を読み出していますが、 実はまだこの原作を読んでいません。 8巻もあって長いのが手をつけていない理由です。 ただ、関川夏央氏「坂の上の雲」と日本人  を読んでいま..
posted by mulberry at 08:28

2010年11月23日

司馬遼太郎「酔って候」


02370198.jpg 11/23 旧10/18 くもり 「酔って候」は、幕末のころ、 藩の実権を握っていた4人を描く短編集です。 暗に陽に活躍した人たちです。 http://www.bk1.jp/product/02370198 http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167105082 タイトル「酔って候」は土佐の山内容堂、 「きつね馬」は薩摩の島津久光、 「伊達の黒船」は宇和..
posted by mulberry at 08:12

2010年10月17日

映画「桜田門外ノ変」封切

映画「桜田門外ノ変」が封切となりました。 http://www.sakuradamon.com/ この映画には 茨城県庁に勤める高校(水戸一)の同級生が 映画化支援の会でかかわっていました。 http://mitoppo.jp/ 司馬遼太郎の「幕末」12編の1つに 「桜田門外の変」が書かれています。 あとがきで著者は、 桜田門外ノ変は歴史を躍進させたと述べています。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives..
posted by mulberry at 14:24

2010年10月09日

「幕末」司馬遼太郎

幕末新装版 [ 司馬遼太郎 ] - 楽天ブックス
幕末新装版 [ 司馬遼太郎 ] - 楽天ブックス 「幕末」は 幕末におきた暗殺あるいは暗殺がらみの 12編の歴史小説です。 実際に起きた事件ですが、著者いわく小説です。 http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167105938 小説ごとに暗殺された人、暗殺して生き延びた人、 暗殺し損ねた人などいろいろです。 生き延びた人には 明治新政府の元で出世している..
posted by mulberry at 08:06

2010年08月15日

螺旋を描いて(砲身の中)


P8050760.JPG 十二糎高角砲の砲身の中です。 以前にも一度記事に書いています。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/8436302.html 中の溝は 施条(しじょう)あるいはライフルというようです。 以前読んだ司馬遼太郎「アームストロング砲」には 施条をつける技術開発の苦労が少し書かれています。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9438704.html こ..
posted by mulberry at 09:06

2010年07月15日

新書:零の発見


00144950.jpg 司馬遼太郎氏が読んでいたという文章を読んで、 読む気になりました。 「零の発見」は サブタイトルが-数学の生いたち-です。 大きなテーマとしては 零の発見 -アラビア数字の由来- と 直線を切る-連続の問題-  の2つです。 この2つのテーマを、歴史的な背景を踏まえて、 どう先人たちは解き明かしたかが書かれています。 著者はこの本を 数学を材料とした通俗的読み物集としています。 第1冊発行は1939年と戦前ですが、 2009年時..
posted by mulberry at 17:27

2010年05月26日

夏目漱石「三四郎」


101004.jpg 高校生か大学生のころ、 夏目漱石の本をたくさん読みました。 この「三四郎」も読んだはずです。 なんとなくストレイシープ(迷羊)のフレーズが かすかな記憶にありましたから。 ただストーリーはまったく忘れていました。 司馬遼太郎氏の本で、 夏目漱石の「三四郎」のことが出てきたので、 読んでみる気になりました。 http://www.shinchosha.co.jp/book/101004/ 読むのは30年ぶりくらいになるでしょう。 ..
posted by mulberry at 16:25

2010年05月22日

文庫本:アームストロング砲


274932-1.gif 司馬遼太郎氏の小説をようやく読みました。 司馬遼太郎には超メジャーな作品が いくつかあります。 しかし、僕がタイトルに引かれて読んだのが、 この「アームストロング砲」です。 幕末のころを舞台にした短編小説が9編です。 「アームストロング砲」もその短編の1つです。 新選組がらみがいくつかありました。 僕自身、よく知らない人物が多かったですが、 それぞれ興味深く読めました。 各短編の主人公は 肝付又助(薩摩藩)、大橋敬之助(立石孫一郎..
posted by mulberry at 14:23

2010年02月09日

文庫:東京に暮す 1928-1936

1928年から1936年と時代は昭和初期です。 外交官婦人のキャサリン・サムソンが 見て感じた日本人や日本の生活などが 書かれています。 司馬遼太郎氏が嫌う昭和の初期ですが この本では政治的・軍事的な記述は ほとんどありません。 すでにかなり近代化していた東京のようですが、 今に比べればまだのどかな雰囲気が漂っています。 著者は長く日本に住んでいただけあって、 かなり日本びいきだとは思います。 でもイギリス人だけあって イギリスとの..
posted by mulberry at 08:44