2020年02月25日

「したたかな植物たち・春夏篇」(多田多恵子)

したたかな植物たち あの手この手のマル秘大作戦 【春夏篇】 (ちくま文庫 たー89-1) [ 多田 多恵子 ] - 楽天ブックス
したたかな植物たち あの手この手のマル秘大作戦 【春夏篇】 (ちくま文庫 たー89-1) [ 多田 多恵子 ] - 楽天ブックス 2019年3月発行、 「したたかな植物たち あの手この手のマル秘大作戦 【春夏篇】」 ( 多田 多恵子) http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480435729/ 春夏の身近な植物13篇。 タンポポ、サクラソウ、スミレ カタバミ、マムシグサ、アジサイ ツユクサ、..
posted by mulberry at 08:18

2019年10月03日

オオトキワイヌビワ

DSCN3009(1).jpg DSCN3010(1).jpg 10/3  旧9/5  晴れ 道路沿いで見つけた オオトキワイヌビワ(クワ科・固有種)の果実。 こういうのは花嚢・果嚢(熟れた状態)というそうです。 本種は雌雄異株、 つまりこれは雌株ですね。 近縁種に トキワイヌビワやオオヤマイチジクがあります。 オオヤマイチジクは母島に分布、 父島にはありません。 父島では トキワイヌビワとオオトキワイヌビワです。 オオトキワイヌビワは 分枝が少なく、托葉がほとんど..
posted by mulberry at 07:50

2018年11月28日

ビワの花

DSCN8492.JPG 近所の庭先で ビワ(バラ科・外来種)が咲いていました。 ビワすなわち枇杷、 科を意識していませんでした。   花を見て、 バラ科だったんだと、妙に納得しました。 白い5弁花、おしべ多数、めしべ1です。 2月頃、おいしい果実が食べ頃になります。 楽しみです。 また持ち主から取らせてもらいましょう。
posted by mulberry at 08:26

2018年02月26日

ビワの果実

DSCN4820.JPG 近所の庭先で、 ビワ(バラ科・外来種)の果実がなっています。 食べ頃です。 ほっとくと、 皆、オガサワラヒヨドリに食べられるそうです。 持ち主に許可もらって、 果実をおいしくいただきました。 小笠原の農家さんでも栽培しないものかしらね?
posted by mulberry at 13:29

2015年06月27日

オオトキワイヌビワの果嚢(花嚢)

P5310087.JPG 6/27  旧5/12  曇り オオトキワイヌビワ(クワ科・固有種)の果実。 こういうのは花嚢・果嚢(熟れた状態)というそうです。 近縁種にトキワイヌビワがあります。 オオトキワイヌビワは 分枝が少なく、托葉がほとんど目立ちません。 果実は壺状楕円形です。 トキワイヌビワの果実はより球状です。
posted by mulberry at 06:18

2013年11月29日

ハツバキの果実

PB274929.JPG 11/29  旧10/27  曇り ハツバキ(トウダイグサ科・固有種)は ブログ初登場です。 個体数はそれなりに多いのですが、 花・果実を見ることが少なく、ブログネタになりませんでした。 あまり印象に残らない植物ですね。苦笑 和名からするとはツバキ科の植物のようですが、 トウダイグサ科です。 とある図鑑では 樹肌がツバキに似ていると書いてあります。 樹高5m程度までの小高木で、林縁などに多いですね。 今回は果実..
posted by mulberry at 07:30

2011年09月01日

オガサワラノスリとアカガシラカラスバトの関係

先ほど朝のニュースで、 北海道のアオバトの話題が出ていました。 アオバトは普段森の中で生活していますが、 一時期、海に出て、海水を飲む習性があります。 そんなときに、ハヤブサに襲われることがあるそうです。 そこで思いついたのが、 小笠原のアカガシラカラスバトとオガサワラノスリ(写真)の関係です。 アカガシラカラスバトは、 島間を飛びわたったり、樹冠の上を飛んで移動もするので オガサワラノスリに襲われることもあるような気がします。 ハトに..
posted by mulberry at 08:15