2019年10月04日

キバナサフランモドキの果実・種子

DSCN3024(1).jpg DSCN3025(1).jpg 10/4  旧9/6  晴れ 集落内では ゼフィランサス・シトリナ(ヒガンバナ科・外来種)の花が まだよく見られます。 花が咲き終わり 果実もすでにつけているものもあります。 果実は3室に分かれて、 その中に数個の種子が入っています。 種子は黒、 スイカの種くらいのサイズで、 スイカの種をもう少し薄くした感じです。 和名は キバナサフランモドキ。
posted by mulberry at 14:35

2019年09月09日

キバナサフランモドキ花

DSCN2872.JPG 台風15号が通り過ぎた後、 人家まわりで一斉に咲き始めています。 ゼフィランサス・シトリナ (ヒガンバナ科・外来種)です。 一部、庭先から逸出して 草地などでも生えています。 そういう場所が 増えつつあるように思います。 黄花で花被片6(短3が花弁、長3が萼片相当)、 おしべ6、めしべ1(柱頭は3裂)。 ブログ記事では 8-10月頃が花期のようですが、 年に何度か花を見ているような気がします。
posted by mulberry at 06:49

2018年08月02日

キバナサフランモドキの花

DSCN7051.JPG 8/2  旧6/21  晴れ 台風12号が通り過ぎてから 集落で、黄色の花がよく目立っています。 ゼフィランサス・シトリナ (ヒガンバナ科・外来種)です。 黄花で花被片は6、おしべ6、めしべ1(柱頭は3裂)。 花は 年に何度か見ているような気がします。 花期・果期おわると、 地上部は枯れてしまいます。
posted by mulberry at 07:39

2016年10月20日

キバナサフランモドキ花

PA190156.JPG 10/20  旧9/20  晴れ 最近、人家の庭先などで花がよく咲いています。 ゼフィランサス・シトリナ(ヒガンバナ科・外来種)です。 一部は 人家周辺で野生化しています。 花は 花被片6、おしべ6、めしべ1で先端が3裂です。 コサフランモドキのような 他の色のヒガンバナ科の花も咲いています。
posted by mulberry at 07:28

2016年09月02日

キバナサフランモドキ花

P8310366 (640x360).jpg 9/2  旧8/2  晴れ ゼフィランサス・シトリナ(ヒガンバナ科・外来種)の花です。 このところ、人家周辺で よく花を見かけるようになってきました。 キバナサフランモドキともいい 花は花被片6、おしべ6、めしべ1です。 かわいい花ですね。
posted by mulberry at 11:06

2015年08月13日

キバナサフランモドキの花

P8120409.JPG 8/12  旧6/28  晴れ ゼフィランサス・シトリナ(ヒガンバナ科・外来種)、 人家の庭先やその周辺の空き地で咲き始めています。 和名は、キバナノサフランモドキです。 花期は一般的には、9-10月ごろの秋咲きですね。 今年はちょっと早いのかもしれません。 花茎の先に、 黄色の花被片6、おしべ6、めしべ1です。 野生化して広がっていないか要注意です。 人家周辺では空き地などに広がっています。
posted by mulberry at 07:15

2014年09月20日

キバナサフランモドキ花

P9198720.JPG 9/20  旧8/27  晴れ 最近、 集落エリアのあちこちの庭先・草地で花を見かけます。 植えたころから さらにどんどん広がったのでしょう。 今のところ、山の方には広がってはいないようですが、 注意が必要ですね。 ゼフィランサス・シトリナ(ヒガンバナ科・外来種)です。 1花茎に1花つきます。 よく見ると 花茎のすぐわきに細い葉もついています。 花はきれいですが、 集落からは広がらないでほしいものです。
posted by mulberry at 08:53