2020年01月04日

海軍振分山平射砲台

DSCN3952(1).jpg 砲台 その1 DSCN3953(1).jpg 内部 DSCN3949(1).jpg 砲台 その2 DSCN3950(1).jpg 内部 DSCN3951(1).jpg 内部 海軍の振分山平射砲台2つ。 大砲は残っていません。 戦時中に、 別な場所に移設されたようです。 十二糎高角砲が据えられていたようです。 ここは岩場を掘った洞窟陣地ではなく コンクリートのトーチカです。 父島では このタイプの平射砲台は珍しいですね。 陣地の上は 土と植物(サイザルアサやリュウゼツラン)で おおわれています..
posted by mulberry at 10:38

2019年06月27日

トックリランの花

DSCN2573(1).jpg DSCN2572(1).jpg 6/27  旧5/25  晴れ トックリラン(キジカクシ科・外来種)の花が 咲いています。 他の場所にある個体も 花が咲いていました。 花序に 多くの白い小花がつきます。 花被片は6、おしべ6、めしべ1。 しかしトックリラン、 紛らわしい和名です。 幹がトックリ状なので、 これはよしとしましょう。 ランがいけませんね。 また見た目は、ヤシ科にも見えますが、 キジカクシ科です。 同じ科..
posted by mulberry at 07:25

2019年05月13日

サイザルアサ花

DSCN1388(1).jpg DSCN1389(1).jpg 5/13  旧4/9  曇り サイザルアサ(キジカクシ科・外来種)の花です。 とある場所で 倒れながらも花をつけていました。 花被片は黄緑色で6、 おしべ6、めしべ1です。 花茎が4-5mになるので、 花を近くで見るのは初めてでした。 花被片の中には 蜜がたっぷりあるようです。 リュウゼツランやサイザルアサの花は オオコウモリの餌場となります。
posted by mulberry at 07:24

2016年12月17日

振分山海軍砲台

DSCN0013.JPG DSCN0012.JPG 12/17  旧11/19  曇り 昨日、 ルートの確認調査のお手伝いで振分山へ。 このルートは ほぼ踏み跡もなく、利用がほとんどないようでした。 僕も数年ぶりに 振分山海軍砲台に行きました。 外から見ると、巨大なコンクリートの固まりが サイザルアサやリュウゼツランに覆われています。 中が空洞で洞窟陣地となっています。 この洞窟陣地には 十二糎高角砲が据えられていたようです。
posted by mulberry at 11:10

2016年05月07日

5/6、ナイトツアー

P5060049.JPG 5/6、ナイトツアー報告 羽アリが出ていて、オオヒキガエル多数。 海岸: 満天の星空!!。 オカヤドカリ、ツノメガニ、オオヒキガエル。 オオコウモリ: サイザルアサで。 グリーンペペ: 写真のように、 GW一番の大きさ・明るさでした。 ほぼ満点でしょうかね。
posted by mulberry at 05:33

2016年05月06日

5/5サンセット&ナイト 3時間SP

P5050038.JPG 5/5、 サンセット&ナイトは3時間SPコース(5000円)でした。 時間順に。 まずはウェザーでサンセット。 最後は雲に阻まれましたがまずまずでした。 オオコウモリ: 夕暮れの飛翔多数と、サイザルアサの樹上観察、 早い時間で誰もいなくて満喫。 海岸: オカヤドカリ、ツノメガニ、ミナミスナガニ、オオヒキガエル 星空は短時間に少し グリーンペペ: 大きめの明るいのが1つ。 天文台 電波望遠鏡ライトアップ まちの夜..
posted by mulberry at 05:27

2016年05月05日

5/4ナイトツアー

5/4、ナイトツアー報告(まわった順) オオコウモリ、 サイザルアサはごく近距離で。 ただし定番ポイントで混みあっていました。 別な場所のヤシの花でも見れました。 グリーンペペ、 2ヵ所で1つずつ。 1ヵ所は近くで見れました。 天文台電波望遠鏡、 ライトアップ見学。 海岸、 オカヤドカリ、ツノメガニ、ミナミスナガニなど。 星空は木星がたまに見える程度。残念。 星空以外は上出来でした。
posted by mulberry at 06:53

2016年05月03日

5/3、ナイトツアー

5/3ナイトツアー報告 オオコウモリ: サイザルアサ。リュウゼツラン2ヵ所で。 近くでも見れました。 グリーンペペ: 標準的なサイズ1つあり。 このあとも出てきそうですので、GWはずっと見れそう。 海岸:オカヤドカリ、ツノメガニ、ウミガメ上陸足跡など。 星空:満天でした。 昨夜も上出来でした。
posted by mulberry at 06:52

2016年05月01日

4/30ナイトツアー

4/30ナイトツアー オオコウモリ: 混みあってそうなので、サイザルアサはパス。 ヤシの樹の花で2頭。飛翔も何度か見れました。 海岸: 気温低めでオカヤドカリ動き悪し。、数も少なめ。 ほか、ツノメガニ。 グリーンペペ: 小ぶりな個体が5-6個。 星空: 満天の星空、 風も弱く、八瀬川に写る星もきれい。 ということで オカヤドカリ以外は上出来!!
posted by mulberry at 06:58

2016年03月08日

サイザルアサ

P3060514.JPG 父島では、 サイザルアサとアオノリュウゼツラン(どちらもキジカクシ科・外来種) が混成した群落で野生化しています。 知名度は アオノリュウゼツランの方が通っていますね。 簡単な見分けがあります。 葉の辺にトゲがなければサイザルアサです。 サイザルアサアサのほうが花期は早いようです。 これから春に咲くのはサイザルアサですね。 もうだいぶ花茎がのびています。
posted by mulberry at 10:06

2010年04月09日

アオノリュウゼツラン・サイザルアサとオガサワラオオコウモリ

P4042105.JPG オオコウモリが餌場にする場所の1つに アオノリュウゼツラン・サイザルアサの群落が あります。 例年、春過ぎには花が咲き出します。 そうするとオオコウモリが夜やってきます。 今年もとある場所ではもう確認されています。 最近までは とあるヤシの花の所で見ることがほとんどでした。 これからはウォッチングポイントも だんだんこちらにシフトしていくことでしょう。 道路沿いのポイントなどは込みそうですね。 そんなときは、みんな譲り合い..
posted by mulberry at 09:29

2009年05月17日

オガサワラオオコウモリとアオノリュウゼツラン

P4120003.JPG 最近のナイトツアーでは、オオコウモリ探すとき、 アオノリュウゼツランの花の場所に行きます。 もちろんいつもいるわけではないですが、 かなり確率が高いですね。 アオノリュウゼツランとサイザルアサは どちらも外来種で、混生して生えていることが多く、違いがややわかりにくいです。 アオノリュウゼツランは葉の縁にトゲがあり、 汁液に毒性があるのです。 ただオオコウモリにとって両者の花は蜜が多く、 いい餌場になっているようです。 クマネ..
posted by mulberry at 08:15