2019年06月12日

オガサワラアザミ、父島のわずかな自生地

DSCN2407(1).jpg DSCN2408(1).jpg 6/12  旧5/10  雨 オガサワラアザミ(キク科・固有種)は 父島ではわずかに自生地がある程度です。 もともとヤギの食害の悪影響だと 言われています。 (クマネズミにも葉がやられるかも?) 集落近い浜場に まとまった自生地があります。 ただし、磯伝いに行くので、 潮が引かないと、行くのは困難です。 花期になると、 たまに見に行きます。 今年も 5月初旬の大潮の干潮時に行ってきました。 年々、..
posted by mulberry at 08:00

2019年03月10日

媒島視察(2019-2-19)

DSCN0447(1).jpg 媒島全景 DSCN0453(1).jpg 上陸地点架設桟橋 DSCN0461(1).jpg 西側屏風山方面 DSCN0462(1).jpg オオハマギキョウ自生地 DSCN0460(1).jpg 赤土露出近景 DSCN0467(1).jpg オガサワラアザミ群生地 DSCN0479(1).jpg クロアシアホウドリ営巣地 DSCN0483(1).jpg 屏風山残存在来林  タケササと境界を接する DSCN0508(1).jpg ウドノキ自生地 数本 DSCN0492(1).jpg 聟島遠望 DSCN0501(1).jpg 屏風山山頂 三角点155m DSCN0506(1).jpg 広範囲の赤土露出 DSCN0511(1).jpg ギンネム繁茂エリア DSCN0493(1).jpg ムニンタイトゴメ 形態の変異もあり詳細調査中 2/19、 ..
posted by mulberry at 15:37

2018年04月29日

オガサワラアザミの花とベニゴマダラヒトリ

DSCN5338.JPG 4/29  旧3/14  曇り 南島で オガサワラアザミ(キク科・固有種)が花期を迎えつつあります。 まだほとんどはつぼみで、 花が咲いているのはごくわずか。 頭花は筒状花のみです。 花の写真を撮るのに近づいたら、 ベニゴマダラヒトリが複数蜜を吸いに来ていました。 色のきれいなヒトリガの仲間です。
posted by mulberry at 07:48

2016年05月18日

オガサワラアザミの花

P5180566.JPG オガサワラアアザミ(キク科・固有種)の花が 咲いています。 父島ではヤギの食害で 自生場所はとても少ない状態です。 最近は、集落地で植栽されて、 各所で見られるようになっています。 ヤギがいない場所では 海岸でも集落地でもよく育っています。 食害さえなければ、 そう弱い種ではないようですね。
posted by mulberry at 07:42

2016年04月25日

父島北部、オガサワラアザミ群落地の外来種

P4221019.JPG 父島北部に、 オガサワラアザミ(キク科・固有種)の群生地があります。 宮之浜から30分ほど磯伝いに行く場所です。 先日、潮が引いた時に行ってみました。 アザミ自体は奥の斜面の方に多数ありました。 ツルワダンが減っているように感じました。 しかし、 トクサバモクマオウがだいぶ目立ってきました。 ほかにも外来草本がはびこっています。 このままほおっておくと、 オガサワラアザミにも影響が出そうな気がします。 一度、ボランティア募..
posted by mulberry at 15:23

2015年04月30日

オガサワラアザミの花も咲きだして・・

P4280023.JPG 4/30  旧3/12  曇り オガサワラアザミ(キク科・固有種)の花が咲き始めています。 数ヵ所で花を見ています。 南島では まとまった群落になっています。 父島では ヤギの食害などで、かなり自然分布が限られています。 しかし、最近、集落内にあちこち植えられて、 見る機会が増えました。 そういう場所での生育もいいので、ヤギの食害がなければ、 これほど個体数減らすことはなかったのでしょうね。 オガサワラアザミは、花期・..
posted by mulberry at 07:15

2015年02月06日

オガサワラアザミ広がる南島斜面

P2050325.JPG 南島南西部の斜面です。 緩やかな斜面に オガサワラアザミ(キク科・固有種)が所狭しと多数生えています。 花期は5月ごろですので、 まだ花茎をのばすまではいってません。 ごわごわとしたごつい葉が広がっています。 南島には こんな感じでオガサワラアザミの広がる場所が複数箇所あります。
posted by mulberry at 11:47

2014年05月29日

オガサワラアザミの群落

P5257178.JPG 5/29  旧5/1  曇り 父島にも、ごく一部ですが、 オガサワラアザミ(キク科・固有種)の群落があります。 しかし父島列島で一番まとまって生えているのは、 きっと南島だと思います。 ただし、そういったまとまって群落があるのは、 内陸部の観光ルートにはないのです。 外周部などに多いのです。 植生回復作業で外周部を歩くと、 あちこちに群落があります。 大きく育った株が 5月くらいから花を付け出します。 実は、果実..
posted by mulberry at 07:05

2014年05月25日

オガサワラアザミとジニービーチ

P5257182.JPG 南島植生回復作業に行ってきました。 今年度、 もうすでに11回目です。 4月4回、今月5月は7回です。 ガイド業がヒマなので、 こちらの作業頑張っています。苦笑。 さて、 この写真は昼休憩場所からです。 手前はオガサワラアザミ、遠くにジニービーチです。 こんな風景眺めながら、弁当食べています。 素敵な風景も 作業行くたびに毎回見ていると、さほど感動もないのですが・・・ 贅沢ですね。
posted by mulberry at 16:20

2014年05月09日

オガサワラアザミの花

P5066903.JPG 5/9  旧4/11   小雨 オガサワラアザミ(キク科・固有種)の花が咲いています。 父島では自生地はかなり少ないのですが、 大神山公園には植栽のものが見られます。 南島では外周部に広範囲に生えています。 花はクリームがかかった白色です。 セイヨウミツバチが花によく来ています。 花は頭状花のみがたくさんついています。 島名はカイガンゴボウというようですが、 今までにそういう言い方する人にはあったことがありません。笑 ..
posted by mulberry at 08:08

2013年04月28日

南島周辺外来植物排除作業(2013年度・第2回)

P4272453.JPG 4/28  旧3/19 曇り 一昨日に続き 昨日も南島周辺外来植物排除作業に出かけました。 作業は南島北部。 この2回の作業場所では 外来植物もかなり少なっていて、作業は順調です。 昨年度、 25回作業のの成果が出ているのではないかと思います。 話題は変わって南島花情報。 4月下旬時点で、 ムニンキケマン、ハマナタマメ、ツルワダンがよく咲いています さらに オガサワラアザミもこれからどんどん咲きそうです。 ただ..
posted by mulberry at 07:33

2012年12月06日

南島サメ池付近のオガサワラアザミ群落

PC020053.JPG 12/6 旧10/23 曇り 南島では東・西尾根筋の広範囲に オガサワラアザミ(キク科・固有種・絶滅危惧Ⅱ類)が自生しています。 残念ながら 観光ルートになっている内部のほうはほとんど生えていません。 南島付近を船で通るときに 注意して見ていると外側斜面に生えているのが見えます。 わかりにくいですけど・・。 ちなみに 写真の場所はかなりまとまって生えています。 コウライシバの草地に、 オガサワラアザミが出ているので目立ちます。..
posted by mulberry at 07:31

2012年06月22日

父島のオガサワラアザミ群落・・その2

P6210421.JPG 先ほどオガサワラアザミ群落の記事を書きました。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10807671.html 続編として、実生についてです。 群落付近の砂地には多くの実生が出ています。 オガサワラアザミは果期が終わると枯死しますが、 地上部からすぐまた新たに萌芽してきます。 そして、種からも新たな実生が出ます。 写真のはみな種から発芽したものです。 とても小さくて、 昨秋からこの春..
posted by mulberry at 08:40

2012年06月22日

父島のオガサワラアザミ群落

P6210418.JPG 6/22 旧5/3 晴れ 昨日、父島北部の海岸沿いにある オガサワラアザミ(キク科・固有種・絶滅危惧Ⅱ類)群落を見てきました。 父島でこれだけまとまった群落があるのは ここ1ヶ所しか知りません。 わずかな株が生えているところは いくつか知っていますが・・ この場所は 車で行ける海岸から磯伝いに歩いて30分ほどの場所にあります。 潮が引いていても、濡れる場所が数ヶ所あります。 この群落、今年もしっかり元気に花をつけていました。 ..
posted by mulberry at 08:14

2012年05月30日

オガサワラアザミの花

P5180137.JPG 5/30 旧4/10 霧 南島では オガサワラアザミ(キク科・固有種・絶滅危惧Ⅱ類)の花が どんどん咲き出しています。 父島に観光に来島して、 この花をを見ている人はほとんどいないと思います。 父島では 一般の人が行かないような北部の海岸沿いに群生地があります。 南島でも 観光ルート沿いにはほとんどありません。 南島は外周部斜面にかなりまとまって群生しています。 船で走っている時に 注意してみていると見つけられるでしょう..
posted by mulberry at 15:22

2011年07月26日

東島のオオハマギキョウ

P7252108.JPG
7/26 旧6/26 はれ 父島では オオハマギキョウ(固有種・絶滅危惧Ⅱ類・キキョウ科)は ヤギの食害で壊滅的となり、野生株はほとんど見られません。 集落内では植栽株が花をつけています。 昨日、作業で行った東島では、 ところどころに群生地があり、50株くらいは見たように思います。 その1カットがこれです。 もう花期もそろそろ終わりですね。 実をつけているものが多かったですね。 オオハマギキョウは常緑低木性草本木と表..
posted by mulberry at 08:24

2011年07月06日

ツルワダンの花

P7051948.JPG 7/6 旧6/6 はれ 南島では ツルワダン(キク科・固有種・絶滅危惧Ⅱ類)の花が咲いていました。 一般的に花期は春先です。 オガサワラアザミの花と同じころに咲いています。 南島では 昨年も同じ作業で行ったときに冬でも咲いていたので、 花期が長いようですね。 その分、咲き始めがやや遅いのかもしれません。 南島でも観光ルートになっているあたりではほとんどなく、 外回りの草地にはまとまってよく生えています。 ちなみに父島ではと..
posted by mulberry at 08:25

2011年05月13日

オガサワラアザミの花

P5091250.JPG 5/13 旧4/11 曇り 今年も 都営住宅の空き地のオガサワラアザミ (固有種・キク科・絶滅危惧Ⅱ類)が咲き始めました。 ある一画が群生状態です。 ほとんど水やりもせず、手入れらしい手入れもしないですが、 毎年継続して、萌芽し、花をつけています。 今年はさらに種から新たな発芽があちこちに出ています。 種から発芽した個体は大きくなるまで時間がかかり、 花を咲かせるには2年以上かかります。 花のあと、種をつけると、地上部は枯れます。 ..
posted by mulberry at 07:39

2010年10月27日

タバコの萌芽


PA251410.JPG 南島にはタバコ(ナス科・外来種)が あちこちで野生化しています。 タバコは多年草ですが、茎は木質化しています。 毎年、果期以降、 秋口には地上部は枯れているように思います。 ただすぐに根際からは新たに萌芽が見られます。 外来種排除の作業をしていて、 そんな萌芽している株をたくさん見ています。 毎年地上部が枯れて、すぐに萌芽が見られるのは、 オガサワラアザミもそうですね。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberr..
posted by mulberry at 08:43

2010年09月10日

オガサワラアザミの萌芽


P9080979.JPG 自宅前のオガサワラアザミ(キク科・固有種)が 萌芽してきました。 オガサワラアザミは多年草ですが、 花を咲かせ、実をつけると、 その後地上部は枯れて、根だけが残ります。 地上部だけ見ていると、一年草のようです。 今年、5月ころには花をつけて、 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9380171.html 6月ころには種を飛ばしていました。 http://blogs.dion.ne.jp/mulb..
posted by mulberry at 06:13

2010年06月13日

オガサワラアザミの種


P6120224.JPG 6/13 旧5/2 曇り 自宅前の植栽のオガサワラアザミ(キク科・固有種)は 花期を終え、種を飛ばし始めています。 放っておくと、風に乗ってどんどん飛んでいきます。 集落地で、ふわふわ飛ぶと迷惑がかかりますので、 飛び出す直前に切り取っています。 1つの花から種は50個以上はあるでしょう。 でも種自体はとても小さいです。 サイズはゴマ粒より小さいですね。 大量に種が取れているので、 父島の人で、種から発芽させたい人はご連絡を。 ..
posted by mulberry at 09:00

2010年04月29日

オガサワラアザミが開花


P4292236.JPG うちの住宅の前の空き地には、 オガサワラアザミ(キク科・固有種)があります。 本日、開花第一号です。 といっても、 まだ中央の方までは完全に開花していない状態です。 この空き地には、 今年開花しそうな株が10株ほどあります。 このあと、ほかの株も続々と開花しそうです。 清瀬住宅の方に立ち寄りの際は、 ぜひごらん下さい。 連休明けの大潮の干潮時には 磯伝いに自生地にもいってみたいと思います。 そろそろそちらも開花しているこ..
posted by mulberry at 10:33

2010年04月02日

オガサワラアザミの群生地


P4012088.JPG 4/2 旧2/18 はれ 昨日は 海岸沿いを歩いて、オガサワラアザミの群生地を 見に行きました。 昨年の台風の高潮と崖上からの土砂の崩落とで 多少地形が変わっていました。 でも、おおむね群生地は健在でした。 よかったです。 花の時期にはまだ大分早かったようです。 また来月の大潮の時に行ってみます。 僕は現在、 東京都レッドデータブック改定の調査協力を しています。 いくつか気になる植物があるので、 今後再度チェクに行..
posted by mulberry at 07:35

2010年03月29日

オガサワラアザミもすくすく

5年ほど前に 都営住宅の空き地に植えたオガサワラアザミは 今年もすくすく育っています。 毎年5月くらいに花をつけます。 種を飛ばしたあと、地上部は枯れます。 それからしばらくすると、 根っこの方から新たに芽が出てきます。 そしてすくすく育ち、また花をつけます。 毎年繰り返しています。 さらに 実生での発芽も見られています。 現在、 父島でオガサワラアザミの野生株があるところは わずか数ヶ所しか知りません。 気軽に見たい方..
posted by mulberry at 09:21

2009年05月31日

ツルワダン(固有種)の花


P5260187.JPG5/31 旧5/8 はれ ツルワダン(固有種)の花が咲いています。 まだもうしばらく見れそうです。 父島では一ヶ所しか生えているところを知りません。 場所はオガサワラアザミの群生地に なっているところです。 オガサワラアザミもたくさん咲いています。 数日前の干潮時に、海岸沿いに歩いて行きました。 大潮の干潮時だと濡れずにいけるからです。 普段は数ヶ所濡れる場所があって、、 満潮時や波浪時には腰くらいまで濡れるかも。 それでもよけれ..
posted by mulberry at 09:06

2009年05月10日

オガサワラアザミの花


P5090004.JPG5/10 旧4/16 はれ 我が家の庭のようにしている場所の オガサワラアザミ(固有種)が咲き始めました。 父島では長年のヤギの食害により、 野生株は和わずかな場所にしかありません。 最近は、地元団体による保護増殖株が、 あちこちに植えられています。 僕が管理しているこの場所のアザミは 毎年花と種をつけ、少しづつ株も増えています。 アザミは芽生えてから2-3年目で花をつけます。 その後、種をつけて枯れますが、 少ししてすぐ根本から..
posted by mulberry at 07:58

2009年05月08日

シマカナメモチの花


P5070185.JPG5/8 旧4/14 はれ 今日はさわやかな晴天となりました。 さて、 シマカナメモチ(広域分布種)の花が咲いています。 バラ科の植物なので、小さな花をよく見ると、 それぞれ5弁の花びらがついています。 本種は山地の低木性の場所で自生しています。 父島では山地の展望台にはたいてい生えています。 葉は枝先で互生し、鋸葉があるので、 花がないときはそれで探して見てください。 果期には赤い実が熟して目立ちます。 また古い葉は紅葉して落葉す..
posted by mulberry at 07:50

2008年08月18日

のんびり宮之浜で遊ぶ

P8173070.JPG 8/18 旧7/18 はれ 昨日は完全にオフだったので、午前のうちから、 弁当を持って、家族で宮之浜に海遊びに行きました。 他の海岸が波があったせいか、 この日の宮之浜はわりとにぎわっていました。 宮の浜は静かな状態でした。 宮の浜は潮通しのいい瀬戸に面しているため、 いつもちょっと冷たく感じます。 だから水着ではあまり長時間泳ぐ気がしません。 でも子供たちにはあまり関係ないようでした。 途中、オガサワラアザミの群生地に行きまし..
posted by mulberry at 07:41

2007年06月02日

オガサワラアザミ花盛り


P6010009.JPG6/2 旧4/17 曇り 涼しい 昨日、 宮之浜のとなりのオガサワラアザミ群生地に行った。 ここのアザミは花盛りで、 セイヨウミツバチが花を飛びかっていた。 足元ではツルワダンも 黄色の花をたくさん咲かせていた。 このオガサワラアザミも、ツルワダンも、 父島では、ヤギの食害により、 身近な海岸や遊歩道沿いでは ほとんど見ることができない。 わずかにアザミが宮之浜で見られるくらいで 残念な話だ。 この群生地に行くには、 磯を歩..
posted by mulberry at 13:32

2007年05月05日

宮之浜で磯遊び&ランチ

CIMG0152.JPG 今日は家族みんなで宮之浜に遊びに行った。 ちひろとあきらは、 さっそく浜で、カニを捕まえたり、 木登りしたり、ブランコのりしたりして遊んだ。 昼ごろは潮がかなり引くので、 磯のほうに行って、生き物や貝を見ながら歩いた。 さらに足を延ばして、 オガサワラアザミやツルワダンの群落も見に行った。 アザミはまだつぼみだったが、 ツルワダンはあちこち花をつけていた。 ランチはとっても簡単に、 レトルトカレーを浜のひなたで暖めたあと、 ご飯..
posted by mulberry at 15:18

2006年07月12日

まだ咲いていたツルワダン(固有種)


CIMG08393.JPG夏になって、暑いので、 ガイドの仕事のないときは海ばっかり行っていて、 山の自然ネタが少なくなっている。 今日のネタは植物だが、 やはり海岸性のものなので、やはり山ではない。 とあるオガサワラアザミの自生地に行った。 アザミはほとんど花が終わり、種をつけていたが、 ツルワダンはまだ花をつけているものが いくつかあった。 ここはまず人とヤギの利用のない海岸なので、 こういう植物の保護区にして、 大事に育てていければいいと思う。 海岸ゴミの..
posted by mulberry at 14:46

2006年06月15日

オガサワラアザミ(固有種)花盛り


CIMG08081.JPG6/15 旧5/20 はれ。海況も良好。 定期船入港11:30。415人。 夜9時に、硫黄島に向け出発。 以前から何回かお伝えしている オガサワラアザミの群生地は 花盛り。 花の咲いているところには セイヨウミツバチが来ている。 花が早かったところは、 もう種が飛び始めている。 この場所は若い個体も多く出ているので、 ヤギさえいなければ、 ほかの海岸でも育つところはあるはず。
posted by mulberry at 21:44

2006年05月14日

オガサワラアザミ(固有種)の花


CIMG07762.JPG 以前にも書き込んでいたが、 大潮の干潮に合わせて、 オガサワラアザミの群生地を見に行った。 今回はちょうどいいタイミングで 花が咲いていた。 近づくと、淡い香りもしていた。 これからしばらく花が見れそうだ。 周辺では ツルワダンも何株かきれいに咲いていた。 このあたりは、海岸清掃をしていないので、 漂着物が多い。 この漂着物が大きい場合、 アザミやツルワダンがつぶされることもありえる。
posted by mulberry at 15:47

2006年04月29日

ツルワダン(固有種)の花


CIMG76290.JPG4/29 旧4/2  みどりの日 朝からどんより曇っている。雨模様になるかも。 大潮で、日中は潮がかなり引くので、 オガサワラアザミの群生地を見に行った。 オガサワラアザミもつぼみがついていたが、 この写真のツルワダン(固有種)も咲いていた。 ツルワダンはわずかしか確認できなかった。 そのなかの1つだけが咲いていた。 このエリアは 今のところヤギや人がまず来ないので、 父島では海岸性植物のいい逃げ場となっている。 しかし、崖斜面上方が崩落..
posted by mulberry at 07:46

2006年04月16日

オガサワラアザミ群生地


CIMG74060.JPG4/16 旧3/19 復活祭 定期船入港11:30 228人 晴れ間が広がる。風は涼しい。 昨日、 とあるオガサワラアザミの自生地に行った。 父島ではヤギの食害で 自生地はわずかしかない。 ここはヤギがまだ来ない場所で かなり群生して生育している。 でも、海沿いで潮が引かないと 行きにくい場所だ。 花茎がまだ出ていなかったので、 花はまだ1ヶ月以上先か。 花の時期が楽しみだ。 また、 大潮の干潮時に見に行くとするか。
posted by mulberry at 08:21