2020年03月16日

ワラビ(わらび)の新芽

DSCN4735.JPG 3/16  旧2/22  晴れ とある場所では ワラビ(コバノイシカグマ科・広域分布種)の新芽が出ていました。 小笠原では 山菜採りはそれほど盛んではありません。 世界遺産になって、 規制も強くなり、なおさらです。 僕が島で取って食べたことあるのは、 ワラビとアラゲキクラゲぐらいのものです。 園芸種ですが、 ゲッカビジン花のおひたしは食べたことがあります。 同じく園芸種、 ハイビスカス花の天ぷらも食べたこ..
posted by mulberry at 16:01

2020年03月15日

まだ枯草状態のワラビ

DSCN4749(1).jpg DSCN4748(1).jpg 3/15  旧2/21  小雨 2-3日前、 ワラビ(シダ・コバノイシカグマ科・広域分布種)のしげる場所へ。 まだ枯れ草状態でした。 新芽を探しましたがほぼ見つからず。 まだ1-2週間先でしょうかね? ここは ふもとから30-40分の場所。 新芽が出だすと、 ワラビ取りに来る人も多いことかと思います。 こういう場所は 戦前は、畑だったような場所です。 つまり私有地。 そういう場所も 返還後..
posted by mulberry at 14:16

2019年03月17日

ユノミネシダの胞子嚢群

DSCN0688(1).jpg DSCN0692(1).jpg DSCN0691(1).jpg ユノミネシダ(コバノイシカグマ科・広域分布種)。 胞子嚢群は 葉の裏、裂片の辺縁にそってのびています。 根茎は、のびはじめは薄緑ですが、 のち、光沢のある暗褐色になります。 ユノミネとは 温泉で有名な和歌山の「湯の峰」のこと。 そこで発見されたとのことです。 父島では 戦前の畑の跡地で生えていることがほとんどです。 広域分布種ということですが、 人為が影響している可能性も否定できません。
posted by mulberry at 08:11

2019年03月16日

春の定番、ワラビ取り

DSCN0685(1).jpg DSCN0686(1).jpg 3/16  旧2/10  雨 ワラビ取りのシーズンです。 今年も行ってきました。 毎年欠かさず、一度は行きます。 例年、 同じとある場所ですね。 ワラビ(コバノイシカグマ科・広域分布種)です。 島民の皆様にお願いです。 入港中は、 観光客の通るルート沿いでのワラビ取りは 避けていただければ幸いです。 あれはいいけど、これはダメなんて、 ガイドのメンツが立ちません。笑
posted by mulberry at 08:12

2018年03月16日

ワラビの新芽

DSCN4922.JPG 3/16  旧1/29  晴れ ワラビ(コバノイシカグマ科・広域分布種)の新芽が 出てきました。 大きな声では言いにくいですが、 村民争奪、ワラビ取りシーズン到来です。爆笑 我が家も、この時期、 一度は父島産ワラビを食べます。 ワラビの出ているところは各所にあり、 おおむね戦前、畑だったところです。 だから、私有地のはずです。 それゆえ、 森林生態系保護地域には入っていません。 私有地といえども、 自然遺産..
posted by mulberry at 08:36

2018年01月26日

イシカグマ(石カグマ)の胞子嚢群

DSCN4416(1).jpg DSCN4413(1).jpg イシカグマ(シダ・コバノイシカグマ科・広域分布種) 父島でよく見られるシダの1つ。 林床がこのシダばかりのところもあります。 カグマはシダの古名だそうですが、 あまり出自がよくわかりません。(広辞苑には出ていません) 葉身は2回羽状。 胞子嚢群は 葉の縁(辺縁)の切れ込んだ部分に丸くついています。
posted by mulberry at 09:39

2017年04月05日

うまそうな、ワラビの新芽

DSCN0973.JPG 4/5  旧3/9  晴れ ワラビ(コバノイシカグマ科・広域分布種)、新芽のシーズンです。 ワラビ取りは毎年欠かさないので、 思い立って、早朝に1人で行ってきました。 現場の下見なしで出かけたので、 新芽が取れるか、すでに取られているか、不安がありました。 行っていると、ちょうどいい感じで出ていました。 まだほとんど取られた形跡もなかったです。 なので、たくさん取れました。 家に戻ると、まだ息子は寝ていました。笑 こ..
posted by mulberry at 09:32

2015年03月22日

父島で春の山菜といえば・・・ワラビ

P3200363.JPG ワラビ(コバノイシカグマ科・広域分布種)の新芽が出ています。 待ちに待ったワラビ取りのシーズン到来ですね。 森林生態系保護地域の設定ができてから、 ワラビ取りもこっそり行く方が増えています。笑 早朝に行ったりとか 人目につきにくい時間帯とかに行く人も出ています。 この時期、早朝、山から下りてくる人がいたら、 そうかもしれませんよ。爆笑 ワラビの新芽を取っていても、 夏になると、やはり葉がよく茂ります。 根こそぎ取るわけではな..
posted by mulberry at 07:02

2015年02月20日

イシカグマ(コバノシカグマ科)

P2190026.JPG 2/20  旧1/2  晴れ イシカグマ(コバノイシカグマ科・広域分布種)、ブログ初登場です。 父島では よく見られるシダの1つです。 岩・石の多く、土壌の浅いところでよく生えています。 山地の上の方よりは 海岸に近い下の方が多いように思います。 場所によっては このシダばかりの林床になってりいるところもあります。
posted by mulberry at 08:06

2014年04月08日

ユノミネシダの新芽

P4066552.JPG ユノミネシダ(シダ・コバノイシカグマ科・広域分布種)の 新芽です。 新芽は葉柄も緑色していますが、 葉が広がるころには、暗褐色になっていきます。 父島では ユノミネシダはそれほど多くはないように思います。 戦前に人の手が入っているような場所に よく生えていますね。 ユノミネとは 和歌山県の湯の峰のこと。 そこで発見されたようです。
posted by mulberry at 15:55

2014年03月27日

ワラビの新芽

P3176295.JPG 3/27  旧2/27  曇り ワラビ(コバノイシカグマ科・広域分布種)の新芽が 出ています。 昨秋より枯れていた場所から 可愛い新芽が顔を出し始めています。 島民にとっては ワラビ取りのシーズン。 島内、数ヵ所の採取場所があります。 行く場所は人によって違います。 ワラビの新芽くらいとっても、 毎年夏には生い茂っているので特に問題ないように思います。 でも、 最近はいろいろ規制がかかっているということもあります。 ..
posted by mulberry at 07:29

2012年03月16日

春はワラビの新芽の季節

P3123950.JPG 3/16 旧2/24 曇り そろそろワラビ(広域種・コバノイシカグマ科)の新芽が 見られるようになってきました。 今週初めに通った場所では ポツリポツリという感じでした。 例年3-4月ごろのいい時期になると、 我が家でも1回はワラビとりに出かけていました。 父島で親しまれている代表的な山菜が このワラビとキクラゲでしょうね。 ワラビは戦前に畑だったようなところで 生えているようですね。 (厳密には不在地主の私有地か?) ..
posted by mulberry at 07:54

2011年05月22日

ワラビもどんどんしげってきました

P5201290.JPG 5/22 旧4/29 曇り 3-4月は ワラビ(広域種・コバノイシカグマ科・シダ)の新芽でした。 その後、どんどん育ち、今ではしっかり新葉がしげりだしてきました。 足元をよく見ると、まだ少しは新芽もあります。 これからさらにしげって、夏ごろには背丈ももう少し高くなります。 大人の胸近くまでのびますね。 ワラビの生えている所は 写真のようにある一定面積が開けて畑のようになっています。 なので新葉がでている今の時期は とても色が..
posted by mulberry at 08:54

2011年03月29日

ワラビの新芽

P3100866.JPG 父島では ワラビ(広域分布・コバノイシカグマ科)の新芽が 出ています。 例年3月に入るころから新芽が出はじまります。 うちのブログを見ると、 昨年も今頃3/26にワラビとりの記事が出ています。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9294976.html シーズンに一回くらいはとりに行って、 食を楽しみます。 新芽の時期が終わると、ぐんぐん背丈が伸び、 人の胸くらいまでの高さまでの..
posted by mulberry at 08:03