2020年01月03日

ヤシの影がシルエットに

DSCN3938.JPG 1/3  旧12/9   曇り 浜辺で ヤシの影がシルエットになっています。 南国らしい風景です。 扇浦です。 とはいっても、 このヤシは植栽で、外来種です。 小笠原の自生のヤシ科植物は オガサワラビロウとノヤシだけです。 集落エリアのヤシは ほとんど植栽の外来種です。 多いのは ココヤシ、トックリヤシ、トックリヤシモドキなど。 ユスラヤシ、マニラヤシ、シンノウヤシ、アレカヤシなども。
posted by mulberry at 06:53

2018年06月04日

コガネタケヤシ(アレカヤシ)の花

DSCN6169.JPG 6/4  旧4/21  晴れ コガネタケヤシ(アレカヤシ・ヤシ科・外来種)が 花序をのばし、花をつけています。 花は両性花で、花被片6(小さな萼片3、花弁3)。 おしべ6、めしべ1です。 本種は 集落エリアなどであちこち植栽されています。 山中で見られるのは 戦前に耕作地があったような場所です。 種名はコガネタケヤシよりも アレカヤシのほうで通っています。 ヤマドリヤシともいうようです。
posted by mulberry at 06:59

2016年06月10日

アレカヤシ(コガネタケヤシ)の花

P6090121.JPG コガネタケヤシ(ヤシ科・外来種)は 一般的にアレカヤシで通っています。 またヤマドリヤシともいうようです。 小笠原には 戦前に植栽されて、野生化しています。 集落地では 道路脇に並木のようになっているところもあります。 ヤシの仲間ですが、 幹は何本かまとまった株立ちになっています。 樹高は小高木くらいの感じで、 5-10ⅿくらいです。 花は穂状花序が長くのびて 多数の3弁花、おしべ6、めしべ1です。
posted by mulberry at 14:58

2013年05月04日

ソウシジュの花

P5022489.JPG 5/4 旧3/25 曇り ソウシジュ(マメ科・外来種)の花が あちこちで咲いています。 黄色の花がたくさんつきますので、 遠目でもよく目立っています。 また地面にも黄色の花が落ちますので、 それも目立ちます。 人家の周りに多いのですが、 山中にも大木になっているところがあります。 もともと植栽された樹ですから、 戦前に人気のあった場所なのは間違いないです。 戦前に人気のあった場所の指標となる植物としては ガジュマル・..
posted by mulberry at 07:23