2020年04月26日

オガサワラクチナシ花

DSCN5199(1).jpg



DSCN5200(1).jpg



オガサワラクチナシの花

4月下旬になり、
オガサワラクチナシ(アカネ科・固有種)が開花しました。
まだほんの咲き始めです。

花は芳香があります。
盛りの時期にあると、周辺にも漂います。

花冠は白、5-7裂で、
裂片は平開し、よく目立っています。

花冠裂数は5-7とばらつきがありますが、
実際には6が普通です。

おしべは花冠裂数(5-7)と同じ、めしべは1(柱頭2裂)です。


花期が終わって、
幹と葉だけになると目立たない樹です。

葉は光沢があり、先端が少し尖っています。

葉に注目すれば、
樹種の特定がしやすいかと思います。

かつて、
花は香料に、果実は食用の黄色染料として利用されたそうです。

オガサワラクチナシ、
漢字で書くと、「小笠原梔子」です。
posted by mulberry at 08:06
"オガサワラクチナシ花"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。