2020年04月24日

シロトベラ、雌株の花(雌花)

DSCN5184(1).jpg


DSCN5185(1).jpg


シロトベラ(トベラ科・固有種)は
雌雄異株。

花期を迎えています。

雌雄の花とも
基本の花のつくりは同じです。

花は乳白色5弁、おしべ5、めしべ1です。

ここで紹介するのは、
雌株の花(雌花)です。

雌花はめしべの子房がふくれていて、
おしべの葯が退化気味です。


小笠原でトベラ科植物は4種で
いずれも固有種。

父島列島ではそのうち3種があり、
本種、オオミトベラ、コバトベラです。

母島列島では2種で、
本種とハハジマトベラです。

名前が似ている海岸性のクサトベラは
クサトベラ科で、関係はありません。

posted by mulberry at 08:05
"シロトベラ、雌株の花(雌花)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。