2020年04月23日

赤い果実が鈴なりのジュズサンゴ(南島)

DSCN5135(1).jpg


DSCN5133(1).jpg


DSCN5131(1).jpg


南島西尾根南部で
爆発的に広がるジュズサンゴ(ヤマゴボウ科・外来種)

この広がりが
目立ってきたのは近年のことです。

もともとクサトベラの群生地で、
その下で密かに増やしつつあったのでしょう。

台風でクサトベラの葉が落ち、明るくなって、
一層、勢いがついているように感じます。


本種は
多年草ないしは小低木です。

南島の外来種草本はほとんど一年草なので、
抜かなくてもその年のうちに枯れます。

しかし、本種は多年草ないしは小低木で、
抜かない限りいつまでも出ています。

果実は小ぶり(直径5mm以下)な液果で
花序に鈴なりに大量につけます。

これが落ちて、斜面を転がって、
さらに分布を広げていきます。

困ったものです。

ちなみに、
小笠原には明治時代に入ったようです。

posted by mulberry at 08:59
"赤い果実が鈴なりのジュズサンゴ(南島)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。