2020年04月09日

ウチダシクロキのような、ムニンネズミモチの葉

DSCN4998(1).jpg
ムニンネズミモチ

DSCN4999(1).jpg
ウチダシクロキ

DSCN5000(1).jpg
葉の表  左ネズミモチ 右クロキ

DSCN5001(1).jpg
葉の裏  左ネズミモチ  右クロキ


ムニンネズミモチ(モクセイ科・固有種)は
乾いた岩場などでは葉がカールしていることがあります。

ぱっと見ると、
ウチダシクロキかと思ってしまうくらいです。

ウチダシクロキとムニンネズミモチは
近くで生えているところもあります。


では、ちょっと比べてみましょう。

葉の形はかなり似ています。

色は
ウチダシクロキがやや薄い黄緑です。

カールの度合いは
ウチダシクロキの方がより巻いています。

表面は、
横に伸びる測脈がやや目立つウチダシクロキです。

裏面は
ウチダシクロキの主脈がよりはっきりしています。

こういった違いです。

2種は科(モクセイ科とハイノキ科)が違い、
花の形や花期がはっきりと違っています。

posted by mulberry at 16:24
"ウチダシクロキのような、ムニンネズミモチの葉"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。