2020年04月05日

「宇宙に「終わり」はあるのか」( 吉田 伸夫)

宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで (ブルーバックス) [ 吉田 伸夫 ] - 楽天ブックス
宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで (ブルーバックス) [ 吉田 伸夫 ] - 楽天ブックス


2017年2月発行
「宇宙に「終わり」はあるのか」( 吉田 伸夫)
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000226655

宇宙歴138億年の現在、
僕らはとても運がいいことがわかります。

でも、数十億年先には、
地球は生命が住めない惑星になります。

更に先には
天の川銀河とアンドロメガ銀河が衝突・合体します。


次の100億年に、
宇宙は老化をどんどん進めていきます。

ただし
宇宙は果てしない、永遠と思うぐらいの期間、
長く続きます。

具体的には10の100乗年ぐらいです。

最後はどうなるかはまだ分かっていません。


理論的なことはかなり簡単に書いてありますが、
やはり難しいです。

でも、
宇宙がどうなっていくかは流れとしてわかります。


こういう本を読むと、
僕らが今生きていることが何になるのかと
思ってしまいますね。



posted by mulberry at 17:17
"「宇宙に「終わり」はあるのか」( 吉田 伸夫)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。