2020年04月05日

クロトンノキ雄花と雌花

DSCN4920(1).jpg
雄花


DSCN4922(1).jpg



DSCN4918(1).jpg
雌花




クロトン(トウダイグサ科・外来種)の
雄花・雌花が咲いていました。


本種は雌雄同株ですが、雌雄異花、
雄花と雌花は花序ごとに異なっています。

花は穂状花序に複数つきます。


雄花には
花弁5-6、や萼片5-6があり、おしべ多数です。

雌花は、花弁や萼片がなく、
めしべの子房が膨らみ、先は4裂(数は変異あり)です。


クロトンノキ、
クロトン、ヘンヨウボクなどともいわれています。
posted by mulberry at 10:02
"クロトンノキ雄花と雌花"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。