2020年03月06日

陸軍巽崎観測所

DSCN4664(1).jpg
観測所外部

DSCN4659(1).jpg
入口

DSCN4660(1).jpg
内部

DSCN4662(1).jpg
内部


DSCN4661(1).jpg
観測場所

DSCN4663(1).jpg
視界

DSCN4650(1).jpg
途中の電信柱


DSCN4678(1).jpg
軍道の標石

DSCN4668(1).jpg
砲台跡か?

DSCN4669(1).jpg




陸軍巽崎観測所。

ここは父島の
最南東部にあります。

1932年、
大村第一砲台の観測所としてつくられました。

かつては軍道が整備されていました。

現在は
天之浦からの先の急斜面が崩落していて、
行くことすら困難な状態です。

途中は
道の名残があったり、電信柱、標石などが残ります。

観測所内部は
高山観測所とほぼ同じ形状です。

さらに岬先端部に
砲台跡と思われるような跡もあります。

ここは何があったかまだ未確認です。


巽崎、行くことすら困難で、
観光ルート外でもあるので、案内はできません。
posted by mulberry at 11:28
"陸軍巽崎観測所"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。