2019年09月15日

「幕末の円高仕掛人 水野忠徳の生涯」( 野田秀行]

幕末の円高仕掛人 水野忠徳の生涯 [ 野田秀行 ] - 楽天ブックス
幕末の円高仕掛人 水野忠徳の生涯 [ 野田秀行 ] - 楽天ブックス


2016年6月発行、
「幕末の円高仕掛人 水野忠徳の生涯」( 野田秀行)
https://www.tokyotosho.co.jp/info/bun/h53.html

幕臣であった水野忠徳の人生が
出来事ごとに章立てとなっています。

本文は
水野が1人称として書かれています。

紆余曲折の人生、
53歳の若さで亡くなりました。


小笠原の歴史を学ぶにあたって、
知っておくべき重要な人物の1人です。

小笠原とのかかわりは文久元年です。

外国奉行となっていた水野は、
小笠原探検の調査団長となり、来島しました。

本文にもその章があります。

当時の住民38人。
島民であるセボレーとのやり取りの中で
八丈からの移民はそれ以内におさえることが要望されています。

実際に八丈からの移民はそのくらいの人数でした。

まだ40代半ばで、
他の資料によると、積極的に島内調査にも出かけています。
posted by mulberry at 15:03
"「幕末の円高仕掛人 水野忠徳の生涯」( 野田秀行]"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。