2016年05月26日

コクラン(黒蘭)の花

P5250665.JPG

5/26 旧4/20  曇り

森の中で
コクラン(ラン科・外来種)の花が咲いています。

パラパラと生えていて、
花茎も20㎝ほどで、花も地味で、目立ちません。

花が黒っぽく見えるから黒蘭(コクラン)なのでしょう。

さて花のつくりですが、
花弁は唇弁1・側花弁2で3、萼片は側萼片2、背萼片1で3です。

真ん中の黄緑の塊がずい柱、
その脇の平べったく中央部がくぼんでいるのがが唇弁1です。

唇弁の方向にのびているのが側萼片2。

唇弁と反対側に1つのびているのが背萼片1、
2つハの字に広がっているのが側花弁2です。

実物は小さいので、
よく見ても、わかりにくいですね。苦笑
posted by mulberry at 07:40
"コクラン(黒蘭)の花"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。