2016年01月30日

「堕落論・特攻隊に捧ぐ」(坂口安吾)

堕落論・特攻隊に捧ぐ - ぐるぐる王国DS 楽天市場店
堕落論・特攻隊に捧ぐ - ぐるぐる王国DS 楽天市場店

本書は
タイトル2作品を含む作品集と鼎談です。

「木枯らしの酒倉から」(1931)、「真珠」(1942)2作品を除くと、
鼎談も含めて、戦後の早い時期(1946-1948)の作品です。

作品集は
戦争がらみの内容が多く含まれています。

空襲が日常のようになっていた時代を
彼の作品から垣間見ることができます。


堕落論で
「堕ちる道を堕ち切ることによって、自分自身を発見し、
 救わなければならない」

続堕落論で
「堕落は制度の母胎であり、
 その切ない人間の実相を我々は最もきびしく見つめることが必要」

特攻隊に捧ぐで
「戦争を最も嫌う。だが、特攻隊を永遠に賛美する」

不良少年とキリストで
「原子バクダンを発見するのは・・・。子供の遊びです。」
「・・、戦争などせず、平和な秩序を考え、
 そういう限度を発見するのが、 学問なのです。」

http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-55155-5
posted by mulberry at 09:48
"「堕落論・特攻隊に捧ぐ」(坂口安吾)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。