2015年03月13日

映画「春を背負って」

春を背負って [ 松山ケンイチ ] - 楽天ブックス
春を背負って [ 松山ケンイチ ] - 楽天ブックス

映画「春を背負って」は
笹本稜平氏の同名小説が原作となっています。

映画では
立山の山小屋・菫小屋が舞台。

山小屋を経営する父親が亡くなるところから
物語は始まります。

その後、跡を継ぐことを決めた都会で働く息子。

山を舞台に物語は進みます。

父と子の関係性、特に子が跡を継ぐことについて、
考えさせられます。

「人とタバコは煙になってよさがわかる」
というようなセリフがありました。

人はいろいろ背負いながら生きていくんです。

山小屋からの美しい風景もいいですね。

http://haruseotte.jp/
posted by mulberry at 13:17
"映画「春を背負って」"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。