2014年03月27日

「こまった人」(養老孟司)


こまった人

本書は「まともな人」の続編ですね。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/391418950.html

「中央公論」の「鎌倉傘張り日記」より
2003年6月号から2005年10月号掲載分を収録したものです。

このころの世間では
イラク派兵、靖国問題、安全神話の崩壊などが話題になっいたのですね。

気になったフレーズをいくつか引用してみます。

環境問題において、
「「秩序的活動は無秩序をどこかに排出する」という大原則を忘れたことにある。」

愛国心について、
「日本語は動詞が中心なのでる。・・・
 だから愛国心と抽象名詞にすると、ウソくさくなって・・
 だから私は「お国のため」とは何度もいい・・・」

中国問題のしめで
「未来の中国の最大の問題は環境で、
 日本が足並みをそろえるのは、その問題以外にあるまい。」
http://www.chuko.co.jp/bunko/2009/05/205147.html

posted by mulberry at 10:12
"「こまった人」(養老孟司)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。