2012年05月25日

コヤブニッケイの花

P5250176.JPG

5/25 旧4/5 曇り

コヤブニッケイ(クスノキ科・固有種)の花を見つけました。

この花は本当に小さいです。
花の大きさ5mmくらいでしょうか。

咲いているのもよく見ないと分かりません。

和名の通り、本州に自生するヤブニッケイに似ています。
それより小さめでコヤブニッケイなのでしょう。

あまり大きな樹木になりません。小高木くらい。

小笠原では広く分布しています。

かつては
葉がお茶の代用で使われたそうです。
独特の味わいのあるお茶になります。


コヤブニッケイはクスノキ科です。
クスノキ科というと当然クスノキが思い浮かびます。

しかし、小笠原ではクスノキは自生していません。

ただ戦前の植栽のものが
山中で大きくなっているものがあります。


コヤブニッケイ過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%B3%A5%E4%A5%D6%A5%CB%A5%C3%A5%B1%A5%A4
posted by mulberry at 08:54
"コヤブニッケイの花"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。