2012年04月28日

「決断する力」(猪瀬直樹)

ISBN978-4-569-80330-2.gif

「決断は・・。
 粘り強さの果てに、
 ようやく飛躍することのできる蓄えられた力の結果である。」

本書は主に、
副知事としてかかわった東日本大震災の経験をもとに
書かれています。
http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-80330-2

著者がツィッターを駆使していることも
問題解決に役立っています。
(ツィッター名言集も載せられています)

緊急時大事なことは
「決断に時間をかけるのではなく、まずは動き出すこと。」
「変化があるたびに軌道修正をはかっていく。走りながら考える。」

トップの大事なことは
「リーダーは・・・一度こうと決めたことに対しては、
 断固やりぬかなければならない。」
「間違っていない場合は、・・
 ブレることなく、強い意志でやりぬくこと。」

これからの時代は
「自助・共助・公助」

著者が常々言っていること
「客観的なデータ、事実が正しい現状認識を生む。」
「データと事実の積み重ね。これに勝るものはない。」


後半には著者が副知事としてかかわる、
水道・発電・地下鉄の問題なども書かれていて、
この本そのものが東京都の広報誌でもいいような気がしました。笑


猪瀬直樹記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%C3%F6%C0%A5%C4%BE%BC%F9
posted by mulberry at 09:12
"「決断する力」(猪瀬直樹)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。