2012年02月28日

その2:千尋岩でピークカットについて考える


P2273882.JPG

2/28 旧2/7 曇り

入港翌々日の千尋岩コースは込み合う日が多くなっています。
うちも昨日はこのコースに行きました。

やはり予想通り多めで、
うちもグループが最後で計60人くらいでした。

先便は80人くらいでしたから、少しマシでした。

でも千尋岩の上の混雑ぶりは似たようなものかな。

こういうときは
ガイドさんのグループコントロールも物を言います。

混雑が予想される時は
グループごとにまとまった場所で陣取ってれば、あきスペースを見つけられます。

この話題は次回以降にします。

さて、この混雑ぶりに
前回は環境収容力を考えました。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10639344.html

今回はピークカットについて考え、実践してみました。

この場所は目的地であり、昼食場所でもあります。
そのためだいたいのグループの滞在時間は
11:30-13:30くらい。
特にコアなのは12:00-13:00です。

つまりこの時間をはずすとすいています。

そこで昨日のツアーでは
ガジュマル林周りの遠回りコースでガジュマルでたっぷり遊んでから
ゆっくり12:40ごろ到着。

到着時は確かにみんな揃っていて、居場所がないので、
端のほうで腰を下ろしました。

そのうち次々と出発していきます。

どんどんあきスペースが広がります。
13:00過ぎには最後のグループが出発。

うちのグループだけになりました。

休憩時間の半分は混雑、残り半分は貸切状態。笑

時間をずらすことで、自発的にピークカットをするのも、
今後のやり方ですね。

posted by mulberry at 08:41
"その2:千尋岩でピークカットについて考える"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。