2010年08月31日

サービスは「100-1=0」

「100-1=0」
これは帝国ホテルのサービスの教訓だそうです。

藤居寛(帝国ホテル顧問)氏が
『致知』2008年8月号、特集「人生を潤す言葉」で
語っています。
http://www.chichi.co.jp/monthly/200808_pickup.html

100のサービスがあって、1つでも失敗すると、
0(台無し)になってしまうということです。

場合によっては、今はクチコミ時代なので、
マイナスにもなりかねませんね。

これはサービスだけでなく、
ビジネス全般にいえるのかも知れません。

加賀屋にしろ、帝国ホテルにしろ、
超一流の教訓は厳しいですね。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9667052.html


posted by mulberry at 10:18
"サービスは「100-1=0」"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。