2019年09月08日

海域公園・製氷海岸の風景

DSCN2870.JPG


9/8  旧8/10  晴れ


台風15号は
さしたる影響もなく通りすぎました。

波浪警報が出ていましたが、
湾内の製氷海岸は荒れていませんでした。

天気が回復すると、
すぐこのような風景に戻ります。

壁紙によさそうな絵ですね。

海域公園にもなっていて、
泳いでもサンゴや魚の多いエリアです。
posted by mulberry at 07:44| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

穏やかな海が戻ってきました

DSCN2802.JPG


8/19  旧7/19  晴れ

写真は昨日の宮之浜。

台風10号が通り過ぎても、
しばらくは風も強くて、海はなかなか穏やかになりませんでした。

ようやく昨日あたりから
かなり穏やかになってきました。


次の台風ができるまで、
しばらくは安定した穏やかな海が楽しめそうですね。

今年は水温低めで、
欲を言えば、もう少し水温も上がってほしいですね。
posted by mulberry at 07:02| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

8/11夕、釣浜も大しけ

DSCN2787.JPG


8/12  旧7/12  台風10号

8/11夕、昨夕の釣浜です。

自宅からすぐのなので、
トレーニングかねて歩いてきました。

釣浜は兄島瀬戸に位置しますが、
東側にやや開けているので、風と波がまともです。

これでは絶対泳げません。


釣浜は
東風や東の波には弱いです。

posted by mulberry at 08:41| 東京 🌁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

二見湾を見下ろす風景

DSCN2682.JPG


7/31  旧6/29  晴れ

二見湾を見下ろす風景です。

僕も大好きで、
人気のある風景の1つです。

アングルは少し変わりますが、
傘山、夜明山から見られます。

いずれも、
観光の方はガイド同行のルートになっています。

森や戦跡のツアーで
訪れてください。

天気がいいと、気持ちのいい眺めです。
posted by mulberry at 07:22| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

ジオツアーで豆腐岩

DSCN2663.JPG


7/11  旧6/9  曇り

豆腐岩のある場所は
全くと言っていいほど観光スポットではありません。

観光船の時は
湾内クルーズの船が近くに来るようですが・・・

豆腐岩のある洲崎地区は
砂利や砂の資材置き場になっています。

そのため
洲崎そのものが観光ポイントとなっていません。

でも、ジオツアーだと、
海の中から飛び出した柱状節理の岩も面白いです。

それが豆腐岩。
posted by mulberry at 07:50| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

水遊び・クールダウンで扇池

DSCN2613.JPG


7/4  旧6/2  晴れ

南島の内部にある扇池。

まさに形から来た名前です。

プールみたいになっています。
でも外洋と通じています。

海が穏やかなら
抜け出ることも可能です。

ごく小さな船やカヤックでも通れます。

夏の南島は暑いので、時間があれば、
ここでクールダウン・水遊びしてください。

うねりがあると、
波のプールみたいでそれも楽しいです。
posted by mulberry at 07:17| 東京 ☔| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

ジョンビーチとジニービーチ

DSCN2623.JPG


7/3  旧6/1  晴れ

昨日はボートで南島へ。

途中、ジョンビーチ、ジニービーチの前を通過。

左がジョン、右がジニーです。

ジョンビーチは
明治時代、ジョンさんが住んでいたからです。

本来の地名で言うと
このあたり一帯は南崎であろうかと思います。

沈水カルスト地形で水深も浅いので、
海の色もとても明るい色です。

気持ちのいい色ですね。

posted by mulberry at 07:51| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

ブルーが映える南島周辺

DSCN2310(1).jpg
南島西側


DSCN2318(1).jpg
南島東側


5/29  旧4/25  晴れ

南島周辺は
自然遺産登録区域、天然記念物、海域公園と規制づくし。

水底は
概ね石灰岩とそのかけらの砂地。

沈水カルスト地形の場所です。


晴れていると、
ブルーがとてもよく映えます。



ボニンブルーと言われる海の色。

きちんとした定義がなさそうで、
どの色を言ってるのかよく分かりません。

いったい
誰が言い出したのでしょうね。



posted by mulberry at 17:05| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

久々に滝になった屏風谷

DSCN1376.JPG


5/7  旧4/3  曇り

昨日は
40mmほどのまとまった雨になりました。

あちこちの枯沢も、水が流れ出しました。

そして、
この屏風谷も滝になっていました。

かなり久々な気がします。


これできっとダムの水位も上がり、
ひと安心ですね。

節水の呼びかけも
お休みになるでしょう。

このあとの雨期に
さらなる雨が降ればダムは満水になりますね。



posted by mulberry at 06:57| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

父島の秘境?・西海岸

DSCN1367(1).jpg

DSCN1356(1).jpg

DSCN1366(1).jpg


5/5  旧4/1  曇り

GW期間中、
ツアーで一回、西海岸へ。

父島では
一番の秘境ポイントですね。


僕が島に来た頃、
千尋岩は知名度がなく、西海岸が紹介されていました。

そのころは
千尋岩も道がわかりにくく、秘境感たっぷりでした。

その後、千尋岩が人気が出て、
秘境感もなくなりました。

西海岸はあまり人が行かないので、
相変わらず秘境感があります。

急斜面に作られた軍道の部分が
ヤギ道のように細くなってしまってします。

下はかなりの落差です。

安全管理考えると、
少人数でしか行きたくありません。

浜は地味ですが、
うぐいす砂の緑色がよくわかります。

posted by mulberry at 07:01| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

5/1夕日

DSCN1345.JPG


5/2  旧3/28  曇り


5/1、令和初めての日没。笑

ちょうど外にいたので、
夕日が見えそうな所へ。

まずまずでした。

多分、最後は雲の中だったでしょう。

令和の時代、
何度、夕日を見ることでしょう。

まあ、数えることはないですが・・・
posted by mulberry at 08:10| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

露出するスギノキミドリイシ

DSCN1267.JPG


4/22  旧3/18  小雨


大きく潮が引くと露出する
枝サンゴ(スギノキミドリイシ)

春の満月あとは、
昼の干潮時にこうなりやすいです。

潮が満ちていても、水深1mほどです。
でも、この上を泳げます。

この状況では
ヘリの斜面の所しか泳げませんね。

でも、陸地からよく見えるので、
泳がなくても観察できる利点があります。





posted by mulberry at 08:40| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

初寝山からの展望

DSCN1238.JPG


4/20  旧3/16  曇り

初寝山からの展望、
僕の好きな展望の1つ。

岩礁帯エリアは
水深10-20m程度で、珊瑚礁が広がります。

水深が浅いので、
山から見下ろすと、水底が透けて見えています。

昔ダイビングしていた頃、
このあたりも潜りました。

サンゴの上を
上げ潮に流れに流したことが何度もあります。

posted by mulberry at 07:05| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

三日月山の奇岩

DSCN0776.JPG


3/23  旧2/17 曇り

三日月山には
こういう奇岩があります。

麓から見上げても、
岩が乗っかっているように見えます。

近くで見ても、
やはり岩が乗っかっています。

どうやると、
こういう地形になるんでしょうね。


不思議です。
posted by mulberry at 19:21| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

常世ノ滝も水が復活

DSCN0665.JPG


3/12  旧2/6  雨


最近まで
カラカラで滝らしくなかった常世ノ滝。

ここ数日の雨で、
またしっかり滝に戻りました。

いい音がしています。

これから
この状態が続けばいいのですが・・

雨がやんだら、
またすぐ水流も弱くなるでしょうね。


posted by mulberry at 16:20| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

媒島視察(2019-2-19)

DSCN0447(1).jpg
媒島全景

DSCN0453(1).jpg
上陸地点架設桟橋

DSCN0461(1).jpg
西側屏風山方面

DSCN0462(1).jpg
オオハマギキョウ自生地

DSCN0460(1).jpg
赤土露出近景

DSCN0467(1).jpg
オガサワラアザミ群生地

DSCN0479(1).jpg
クロアシアホウドリ営巣地

DSCN0483(1).jpg
屏風山残存在来林  タケササと境界を接する

DSCN0508(1).jpg
ウドノキ自生地 数本

DSCN0492(1).jpg
聟島遠望

DSCN0501(1).jpg
屏風山山頂 三角点155m

DSCN0506(1).jpg
広範囲の赤土露出

DSCN0511(1).jpg
ギンネム繁茂エリア

DSCN0493(1).jpg
ムニンタイトゴメ 形態の変異もあり詳細調査中



2/19、
支庁関係者と聟島列島検討会委員とで媒島視察。

チャーター船で
約2時間半ほど。

この日は
冬場とは思えない穏やかな海でした。

植物では
広範囲の赤土の露出、
ギンネム・タケササ類の繁茂が気になる点です。

現在、ネズミ根絶対策は実施中。








posted by mulberry at 15:37| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

烏帽子岩

DSCN0650.JPG

3/10  旧2/4  小雨

大根崎から見た烏帽子岩。

あまりとがっていません。

茅ヶ崎の烏帽子岩よりは
かなり大きいです。

この方向から見ると、
軍隊が使った洞窟の穴が見えます。

こんな所にも、
梯子かけて、入っていたんですね。

この烏帽子岩、
湾の入り口にあり、ウェルカムロックともいうようです。
posted by mulberry at 07:50| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

嫁島近くのマグロ穴

DSCN0527.JPG



2/24  旧1/20  晴れ

2/19、
媒島視察帰りに嫁島周辺も視察。

嫁島には前島と後島の属島があります。

その前島の脇にあるのが
このマグロ穴。

真ん中の穴の中は
水深10m程度。

穴は通り抜けてはいますが、
奥が壁のようにせりあがっていて、非常に浅くなっています。

昔、ダイビングでは
何度か通り抜けもしました。

春から夏にかけては
この穴にイソマグロがたくさんぐるぐる回ってます。

ダイビングのメッカになります。

イソマグロがいるので、マグロ穴ですね。

正式な岩の名前はあるのかな?
posted by mulberry at 07:55| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

いまだ赤土目立つ媒島

DSCN0475.JPG


2/22  旧1/18  曇り

聟島列島の媒島です。

内陸部に赤土の露出が目立つ場所が広がっています。

もともとの原因は
ノヤギがいた頃の食害だと言われています。

この島は明治期には
放牧地としてかなり草原化していたものと思われます。

それ以前の原生のころは、
森林がかなりをしめていたかもしれません。

赤土の露出部分は
やはり手を入れないと改善はなさそうです。

放置すると、
ヘリの部分でさらに崩れているところもあるようです。

今後、積極的な対策が必要です。

まずは草原化でしょうか。


また他の場所で
ササ類、ギンネムの外来種2種が広がっているところもあります。

これも
今後の状況によっては積極的な対処が必要です。
posted by mulberry at 07:14| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

聟島列島最高峰・屏風山の三角点

DSCN0501.JPG


2/20  旧1/16  晴れ

聟島列島の最高峰は
媒島・屏風山です。

そこには
三等三角点があります。

標高は155M(154.9M)です。

三角点の面は
きちんと東西南北にあわせてります。

ここから北向きは大海原だけです。

媒島の北にある聟島は
媒島から真北ではなく北西よりに位置します。

ここも
なかなか行けない場所の三角点です。
posted by mulberry at 15:42| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする