2017年01月26日

「雪煙チェイス」(東野圭吾)

雪煙チェイス [ 東野圭吾 ] - 楽天ブックス
雪煙チェイス [ 東野圭吾 ] - 楽天ブックス

ブルーガイド編集長M氏からいただいた本です。

「雪煙チェイス」2016年12月発行、文庫ですが、書下ろしです。
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-55323-8

スキー場が舞台のサスペンスものです。

最後はすっきり終わります。


大学生が犬の散歩のアルバイトしていた家庭で
飼い主の老人が殺されます。

凶器となった犬のリードに、
彼の指紋があり、容疑者に。

しかし
彼は犯行があった日はスキー場へ。

そして、
一人の女性と出会ったいました。

そのアリバイを求めて、
女性がホームグランドにしているスキー場へ出かけていきます。

そして・・・いろいろと・・
posted by mulberry at 11:34| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

「感動の日本史」(服部剛)

感動の日本史 [ 服部剛 ] - 楽天ブックス
感動の日本史 [ 服部剛 ] - 楽天ブックス

「感動の日本史」(服部剛)
http://online.chichi.co.jp/item/1127.html

島民のS氏からいただいた本です。

11話まであり、小笠原がらみも2話あります。

各話で紹介される人物は
大伴部博麻、安藤信正・水野忠徳・小野友五郎・寺島宗則、
副島種臣・大江卓、鳥居信平、重松髜修(しげまつまさなお)、
樋口季一郎、栗林忠道、阿南惟幾(あなみこれちか)、
昭和天皇、ウズベキスタンに抑留された日本人、
琉球政府郵政庁職員など

全身全霊を託されたことに注ぐ人、きちんと筋を通し続ける人、
大局を見据えながら行動する人たち。

そういう人たちのやったことは後世につながるものなのですね。

小笠原の話は
第2羽、小笠原回収にかかわる話
第7話、硫黄島の戦い です。
posted by mulberry at 08:37| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

「心に響く小さな5つの物語」(藤尾秀昭)

心に響く小さな5つの物語 [ 藤尾秀昭 ] - 楽天ブックス
心に響く小さな5つの物語 [ 藤尾秀昭 ] - 楽天ブックス


「心に響く小さな5つの物語」2巻発行されています。
http://online.chichi.co.jp/item/872.html
http://online.chichi.co.jp/item/938.html

島民のS氏からこの本をいただきました。

卒業式・入学式であいさつする身として
参考になる話です。


初刊では、第1話「夢を実現する」で、
イチローが6年生の時の作文が紹介されます。

5つの物語はみな実際の出来事です。

それぞれ違う境遇で、人がどう変わり、
どう前向きに生きてきたかが、よくわかります。

考え方や人との縁がとても大事なのでですね。
posted by mulberry at 11:12| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

「八月の六日間」(北村薫)

八月の六日間 [ 北村薫 ] - 楽天ブックス
八月の六日間 [ 北村薫 ] - 楽天ブックス

「八月の六日間」(北村薫)
http://shoten.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=321601000153

解説によると、
著者は山に行かずに書いたそうです。

表題のほか、計5編の作品です。

都会で編集者として働く女性が
登山をする行程がメインで書かれています。

山を下りた時の
付き合いや過去の恋人のこともちりばめられています。

山の行くことが
彼女にとって、大いなるストレス解消になっているようです。

いずれの作品も
複数日の山小屋どまり登山です。

行先は
9月の五日間・・燕岳・槍ヶ岳、
2月の三日間・・裏磐梯(雪山)、
10月の五日間・・蝶ヶ岳・燕岳、
5月の三日間・・白駒池・賽の河原
8月の六日間・・北アルプス南部(高天原から双六岳)


この本を読んでも、
僕は泊まりでの山歩きしたと思いませんでした。笑
posted by mulberry at 10:57| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

「恋のゴンドラ」(東野圭吾)

恋のゴンドラ [ 東野圭吾 ] - 楽天ブックス
恋のゴンドラ [ 東野圭吾 ] - 楽天ブックス

ブルーガイド編集長Ⅿ氏から紹介いただいた本です。

「恋のゴンドラ」、2016年11月初版発行。
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-53695-8

舞台は里沢温泉スキー場。

普段は東京で勤める、
スノーボーダーたちの男女が繰り広げる恋の物語。

帯には
「この恋の行方は天国か地獄か」とあります。

全8編で、それぞれが1編ずつ完結しつつ、
8編がつながっています。

二股あり、どんでん返しあり、
ハッピーあり、悲劇ありです。笑

浮気には気をつけて下さい。爆笑
posted by mulberry at 08:18| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

絵本「おおきな木」(シェル・シルヴァスタイン)

おおきな木 [ シェル・シルヴァスタイン ] - 楽天ブックス
おおきな木 [ シェル・シルヴァスタイン ] - 楽天ブックス

絵本『大きな木」、単色の絵本。
http://www.asunaroshobo.co.jp/home/series/tree/index.html

かつて一度記事にしています。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/386993101.html

僕が読んだのは本田錦一郎訳のもの。
村上春樹訳のはどう違うか読んでみたい気がします。

原題は「The Giving Tree」、つまり「与える木」です。

物語は確かにその通りです。

おおきな木は
少年から老人になるまで男に与え続けています。

木は
男に与え続けることで喜びを得ていました。

しかし、男に切られて切り株だけになった時だけ、
ちょっと表現が違っています。

「きは それで うれしかった・・・」
「だけど それは ほんとかな。」
(原作は「but not really」だそうです)


与えることが喜び、
そんな人間に僕はいつかなれるのだろうか?
posted by mulberry at 09:10| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

「ききりんご紀行」(谷村志穂)

ききりんご紀行 [ 谷村 志穂 ] - 楽天ブックス
ききりんご紀行 [ 谷村 志穂 ] - 楽天ブックス

「ききりんご紀行」
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-786078-8&mode=1

著者の谷村氏と僕は
北海道大学農学部の同級生です。

北大では2年の途中で、
教養から成績順に志望の学科へ移ります。

彼女の学科は優秀だったはずですが、
僕は実はほぼ最後の方の残りの学科。

そのころ、
林産学科って、人気なかったんですよ。苦笑


さて本題。

ききりんごとは利きりんご、
要は利き酒みたいなものですね。

27編全部がりんごにまつわる話です。

彼女はこの本の元になる連載の時に
毎日りんごを食べていたそうです。

青森のリンゴの話題が主ですが、
他の地域のことも出てきます

彼女の体験・知識・失敗談が盛りだくさん。笑

この本を読むと、
りんごの種類は蘊蓄についてちょっと詳しくなれますよ。

日本の生産の9割は青森県だとか、
日本で一番出ているふじの登録は1962年だとかも。

りんごにまつわる絵本も出てきます。
「おおきな木」
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/386993101.html
posted by mulberry at 16:47| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

「”食”で謎解き 日本の歴史」(造事務所)

“食”で謎解き日本の歴史 料理と味でひもとく史実の新説!!奇説!?/造事務所【2500円以上送料無料】 - オンライン書店boox
“食”で謎解き日本の歴史 料理と味でひもとく史実の新説!!奇説!?/造事務所【2500円以上送料無料】 - オンライン書店boox

食を切り口にした歴史の新書。

世に知られた歴史に食の観点が加わると
また別な見方が出てきます。
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-00890-5

本書は4つのパートです。
1.歴史人物の好物 15
2.歴史を変えるカギとなった料理・食文化 12
3.なじみの食材が日本史を翻弄 10
4.食にまつわるおもしろ歴史ばなし 30
計70編近く。


僕も
旧陸軍・海軍の脚気の顛末は知っていました。

こういう歴史ネタも面白いですね。
posted by mulberry at 13:42| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

「観光立国の正体」(藻谷浩介・山田桂一郎)

観光立国の正体/藻谷浩介/山田桂一郎【2500円以上送料無料】 - オンライン書店boox
観光立国の正体/藻谷浩介/山田桂一郎【2500円以上送料無料】 - オンライン書店boox


「観光立国の正体」、
タイトルは藻谷氏の既刊「デフレの正体」の二番煎じのようですが・・ 笑
http://www.shinchosha.co.jp/book/610692/

著者の1人、山田氏とは数回講習会でお会いしています。

中身はとても素晴らしいです。

観光をキーワードに
エコツーリズム・地域づくりに取り組む人にとって、
必読の書と言い切れます。

著者2人のノウハウがてんこ盛りです。

僕も恥ずかしながら、付箋や折り目だらけです。

冒頭に
山田氏が暮らすチェルマットの事例から始まります。

ここを読んで、
うちの地域では無理だと思うともうおしまいです。

ここから始まるんです。いいヒントです。

「マーケット・イン(顧客満足度を高めること)の発想の大事さ」
「今だけ・ここだけ、あなただけ」
「富裕層に来てもらい、シャワー効果で、ピラミッド型に」
「補助金に頼らず、住民主体の組織づくり」
「観光だけでは町おこしができない」などなど。

両氏はデータを駆使しながらも、
日本各地を実際のおとずれ、実際に肌で感じた情報もお持ちなので、
非常に価値ある内容といえます。

posted by mulberry at 10:34| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

「琉球の樹木」(図鑑)(大川智史・林将之)

琉球の樹木 [ 大川智史 ] - 楽天ブックス
琉球の樹木 [ 大川智史 ] - 楽天ブックス

SNSで紹介されていて購入。

著者2名のうち、
かつて僕は小笠原で林氏をガイドしたことがあります。

林氏の十八番ともいえる葉のスキャン画像、
遺憾なく発揮されています。

個体ごとに
葉の裏・表のスキャン画像がのっています。


琉球に自生する樹木510種、
主要な植栽樹木151種、目立つ草本19種で、
計680種を紹介。


参考文献には小笠原の図鑑もあり、
小笠原での分布や野生化にも言及しています。

http://www.bun-ichi.co.jp//tabid/57/pdid/978-4-8299-8402-4/catid/1/Default.aspx
posted by mulberry at 16:03| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

「狂気の科学」(レト・U・シュナイダー)

狂気の科学 [ レト・U.シュナイダー ] - 楽天ブックス
狂気の科学 [ レト・U.シュナイダー ] - 楽天ブックス

1600年から2002年までの間の
90数件ほどの実験が紹介されています。

タイトル通り
まさに狂気と思えるような実験もあります。

しかしこういった実験も含めて、
あらゆる実験がもとに文明が進歩してきたのは事実。

きっと今もどこかで
狂気の実験が行われていることでしょうね。苦笑

実験好きな方、読むべし。

http://www.tkd-pbl.com/search/?search_menu=title&search_word=%E7%8B%82%E6%B0%97%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6&x=0&y=0
posted by mulberry at 15:07| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

「帝王学「貞観政要」の読み方」(山本七平)

帝王学 [ 山本七平 ] - 楽天ブックス
帝王学 [ 山本七平 ] - 楽天ブックス

「貞観政要」は中国の古典の1つで、
日本為政者も読んだといわれています。

鎌倉・北条政子や江戸・徳川家康も
読み影響を受けたといわれています。

唐の太宗の時代(貞観)
の政治の要諦をあらわしたものです。

つまり帝王学の原典です。

著者・山本七平が「貞観政要」を読み、
気にいったり、役に立った部分の抜粋です。

現代に置きかえた事例も
山本氏の解釈で書かれています。
http://www.nikkeibookvideo.com/item-detail/19045/

為政者ならずとも、
現代でも組織にいて小権威はあちこちにあります。

そういう意味では
ほとんどの人が必読の書です。
posted by mulberry at 14:52| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

「現代語訳 文明論之概略」(福澤諭吉 齋藤孝訳)

送料無料/文明論之概略 現代語訳/福澤諭吉/齋藤孝 - オンライン書店 BOOKFAN
送料無料/文明論之概略 現代語訳/福澤諭吉/齋藤孝 - オンライン書店 BOOKFAN


原著は明治8年に刊行されています。
本書は齋藤孝が現代語訳したものです。

「文明論」とは「集団精神発達論」です。

文明とは手段で、目的は自国の独立です。

文明は比較で述べていて、
明治の初めは西欧が日本より確実に秀でていました。

西欧が究極とは見ていませんでした。

文明には外形と精神があり、
まずは精神を取り入れ、それから外形を入れるべきとしています。

徳と智の違いでは、
徳は古より変わらないもの、智は発達していくものとしています。

徳は
孔子の時代から変わっていないと言います。

徳を不要とはしていませんが
文明を進めるためにも智をより重要視しています。

さて、福澤が考えていた未来は
現在ではどのくらいのレベルまで来ているのでしょうか?

いまだ争いの絶えない現代社会を見たら、
道半ば以下と思うでしょうね。

http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480430380/
posted by mulberry at 16:27| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

「現代語訳 福翁自伝」福澤諭吉 齋藤孝編訳

福翁自伝 現代語訳 (ちくま新書)[本/雑誌] (新書) / 福澤諭吉/著 齋藤孝/編訳 - CD&DVD NEOWING
福翁自伝 現代語訳 (ちくま新書)[本/雑誌] (新書) / 福澤諭吉/著 齋藤孝/編訳 - CD&DVD NEOWING

福翁自伝(福澤諭吉)、
本書は齋藤孝氏による抄訳です。
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480066206/

ですから全文の現代語訳ではありません。

齋藤氏は、
主に福澤の若いころの部分を主に選び出しています。

本書は福澤が65歳のころ書き上げています。
68歳没ですので、晩年ですね。

若いころのいろいろなエピソードが
とても人間らしさを感じさせるものです。

奥平壱岐から原書を借りて、全部写したこと。

塾生のころ、枕でなることがなかったこと。

洋行した時、
原書で技術のことはわかっていたから、あまり驚かなかったが、
制度や仕組みで戸惑っこと。

暗殺の心配があるころ、
暗闇で人とすれ違った時のエピソードなど。

齋藤氏のわかりやすい訳文で
とても親しめるものです。
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480066206/
posted by mulberry at 07:41| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

本『日本を動かす「100の行動」』

日本を動かす「100の行動」 [ 堀義人 ] - 楽天ブックス
日本を動かす「100の行動」 [ 堀義人 ] - 楽天ブックス

著者は堀義人氏とG1政策研究所
http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-82902-9

堀氏は高校の同窓生。(1つ先輩ですが、卒業時は同級生)


日本を変革するための100の提言です。

章立ては省庁別となっています。

付録として「新憲法草案」もあります。

100:5つの行動指針として
危機意識の共有・関心を持ち・学ぶ、批判より提案を、
思想から行動へ、リーダーとしての自覚、声をあげ・発信・投票  です。

最近、蓮舫さんが「批判より提案を」と言ってますね。笑

本当は傍観者ではいけないのでしょうけど、
世の中がどう変わっていくか本書を時々読み返したいものです。
posted by mulberry at 16:24| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

ニュースが面白くなるエネルギーの読み方(堀史郎・黒沢厚志)

エネルギーの読み方 [ 堀史郎 ] - 楽天ブックス
エネルギーの読み方 [ 堀史郎 ] - 楽天ブックス


著者の1人、黒沢氏は高校同級生。

興味のある分野でもあるので、購読しました。

エネルギー最適選択は
エネルギー供給の安定性、原子力の安全性、再生可能エネルギーのコスト、
化石燃料の環境影響、4つの視点を踏まえる必要があります。

本書はそういった点を踏まえて、
バランスよく、各種エネルギーについて解説されています。

決して原子力を土俵から外してはいません。

スェーデンやフランスでは
原子力がエネルギー供給で大きな値を示しています。

安定供給、経済性、環境、安全を考えると
1つのエネルギーで満たせるものはないのです。

最適解を見つけて、
今後のエネルギー供給をすすめることを期待します。

http://www.kyoritsu-pub.co.jp/bookdetail/9784320005976
posted by mulberry at 16:15| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

自然保護と利用のアンケート調査(愛甲哲也・庄子康・栗山浩一編)

自然保護と利用のアンケート調査 [ 愛甲哲也 ] - 楽天ブックス
自然保護と利用のアンケート調査 [ 愛甲哲也 ] - 楽天ブックス

サブタイトル
「公園管理・野生動物・観光のための社会調査ハンドブック」

編者のほか、
著者にはJTBF寺崎竜雄氏や環境省岡野隆宏氏なども。

アンケート調査で
そのアンケートが信頼に足るものとするための必読の書ですね。

アンケートの前に
調査の枠組み作りの重要性が説かれています。

本書では、
編者・著者の具体的なアンケート事例が盛り込まれています。

第1部が基本編として
アンケート調査の手法について

第2部が応用編として
各ジャンルからのアプローチが具体例とともに、。

10章では
奄美の事例をもとに質的調査についても書かれています。

http://www.tsukiji-shokan.co.jp/mokuroku/ISBN978-4-8067-1516-0.html

posted by mulberry at 15:48| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

歩道の割れ目から生える根性ニチニチソウ

P7140537.JPG


7/14  旧6/11   晴れ

舗装された歩道の割れ目から生える
ニチニチソウ(キョウチクトウ科・外来種)です。

かわいい花をつけています。

こういうのは抜いたり切ったりせず
残しておいてあげたいですね。

もちろん、
割れ目のラインいっぱいに広がっては困りますけどね。
posted by mulberry at 08:40| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

「証言 大刀洗飛行場」

zuroku02_all.jpg

「証言 大刀洗飛行場」、
本飛行場は福岡県南部にある陸軍の飛行場でした。

本書では
飛行場の沿革や残存する戦跡、
米軍の爆撃の様子や証言がまとめられています。

米軍の爆撃は
1945-3-27にB29による大規模な空襲がありました。

それにより、多くの被害が出て、
基地も壊滅的になったようです。
 
大刀洗平和記念館で販売されています。
ネット販売もあります。
http://tachiarai-heiwa.jp/shop/books/
posted by mulberry at 07:20| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

記念館図録「筑前町立大刀洗記念館 常設展示案内」

zuroku01_all.jpg

先日、大刀洗平和記念館を訪ねました。
http://tachiarai-heiwa.jp/

その時に図録を購入しました。
http://tachiarai-heiwa.jp/shop/books/

この内部展示は
零戦以外は撮影禁止です。

説明文では、
「第一章では西日本における陸軍の航空拠点だった
 大刀洗飛行場と航空機技術について、
 第二章では大刀洗空襲と特攻についてわかりやすくまとめた一冊です。」

記念館の天井には
B29の機体シルエットがつるされてあります。

零戦などの展示と比べると、
B29の大きさが、実感としてよくわかります。
posted by mulberry at 07:28| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする