2020年02月07日

トウロウソウ(セイロンベンケイ)、そろそろ花期

DSCN4495.JPG


道端などで野生化している
トウロウソウ(ベンケイソウ科・外来種)。
セイロンベンケイ、ハカラメともいわれています。

そろそろ
花期を迎えつつあります。

はじめは
薄桃色の萼片にくるまれています。

もう少ししたら、
下側から赤い花弁がのびてきます。

その状態で
開花となるんでしょうね。

父島で
あちこちで野生化しています。

葉挿しでふやせるので、
葉が土産物になっています。

そのため、
小笠原の植物と思う人もいるでしょうね。

でも、
戦前に落ち込まれている外来種です。

posted by mulberry at 15:26| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

弟島オガサワラグワ保全事業視察

DSCN4451(1).jpg
自生地 大きな個体

DSCN4459(1).jpg
自生地 若い個体

DSCN4485(1).jpg
植栽地


DSCN4446(1).jpg
北部 鹿浜

DSCN4447(1).jpg
鹿浜付近の池

DSCN4466(1).jpg
広根山三角点

DSCN4470(1).jpg
広根山から オガサワラグワ自生地方面

DSCN4471(1).jpg
広根山から南部方面

DSCN4472(1).jpg
人工的なトンボ用の水たまり

DSCN4475(1).jpg
学校跡

DSCN4479(1).jpg
ポスト

DSCN4478(1).jpg
橋跡


DSCN4473(1).jpg
山道  旧道




弟島では、小笠原支庁の事業で、
オガサワラグワ保全事業が行われています。

検討委員になっているので、
2/5現地視察に行きました。

北部の鹿浜から上陸、広根山ののぼったあと、
縦走して、南部の黒浜まで歩きました。

自生地や、植栽地を
しっかり見てきました。

現在、弟島の自生地には、
30本弱の自生株(大きめの個体)があります。

実生も出ています。

植栽地は
別なところにあります。

かつての畑跡で
条件はよさそうです。

この場所は
弟島の遺伝子を絶やさないようにする意図があります。







posted by mulberry at 09:08| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

南・北大東島で見た植物(2013年10月)

PA043961(1).jpg
ダイトウワダン


PA054072(1).jpg
オオソナレムグラ

PA054051(1).jpg
ウスジロイソマツ

PA043953(1).jpg



PA054106(1).jpg
シロミルスベリヒユ


PA054104(1).jpg
ハマボッス

PA043977(1).jpg
ダイトウビロウ


PA054095(1).jpg
池のオヒルギ群落



2013年10月に
南・北大東島に訪問した際、写真を撮った植物です。

自然観察が目的で訪問したわけではないので、
ごく一部です。

汽水域ではない、
内陸の池にオヒルギ群落がありました。


この中では
オオソナレムグラ、ウスジロイソマツ、ダイトウビロウ、ダイトウワダンが
大東島固有種です。

posted by mulberry at 11:51| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

カンヒザクラもだいぶ咲き出して・・

DSCN4348(1).jpg


DSCN4349(1).jpg


1/31  旧1/7  曇り・しけ

カンヒザクラ(バラ科・外来種)も
だいぶ咲き出してきました。

例年、2月頃が花の見頃です。

亜熱帯農業センターでは
駐車場周辺に数本植えられています。

カンヒザクラは
やや濃いめの花の色。

花は5弁、
おしべ多数、めしべ1です。

posted by mulberry at 08:36| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

ヤロード花

DSCN4364(1).jpg


DSCN4366(1).jpg


1/30  旧1/6  曇り

ヤロード(キョウチクトウ科・固有種)も
早くも咲き始めています。

キョウチクトウ科の花とはいっても、
小ぶりで白花のあため、あまり目立ちません。

弱いですが、芳香はあります。

花は白、5裂。

短い筒部の中に
おしべ5、めしべ1(花柱2裂)。
posted by mulberry at 08:07| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

ムニンネズミモチ花

DSCN4360.JPG


DSCN4358.JPG


ムニンネズミモチ(モクセイ科・固有種)の花も
ポツポツ咲き始めています。

花期としては3-4月度ごろで、
まだ少し早い時期です。

和名にモチとつくので
モチノキ科と思われがちです。

でもモクセイ科です。

葉がモチノキに似ているから
モチとつけられています。

1つの花は白い小花で4裂、
おしべ2、めしべ1です。

小花がまとまって咲くので、
遠目では大きめの白いかたまりに見えます。
posted by mulberry at 15:38| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ヒメツバキ花盛り

DSCN4362(1).jpg



DSCN4363(1).jpg



ヒメツバキ(ツバキ科・固有種)の花
一週間程前に記事にしたばかりです。

その後、一気に花盛りです。

まさに初夏の花期を迎えたかのようです。

こんなに咲き出すと、
本当の花期5-7月にどうなるのか心配ですね。

乳白色5弁花ですが、1つの弁だけこぶりでお椀型です。
おしべ多数、めしべ1です。

咲いてすぐの花は
おしべ全体に黄味(橙色)が強いのですぐ分かります。
posted by mulberry at 07:38| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

チトセラン(サンセベリア)花盛り

DSCN4078(1).jpg


DSCN4079(1).jpg


サンセベリア(チトセラン・キジカクシ科・外来種)
花盛りです。

父島では
わりとよく海岸付近で野生化しています。

小港、宮之浜、洲崎、釣浜などなど。

とうわけで、
わりとどこに行っても見られる植物ですね。

花は細長い花被片6、
おしべ6、めしべ1です。

posted by mulberry at 09:13| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

兄島で花盛り、ムニンタイトゴメ

DSCN4220.JPG


1/27  旧1/3  曇り

兄島では
ムニンタイトゴメ(ベンケイソウ科・固有種)が花盛り。

剣山や中央部の岩上荒原のあたりに
多数はえています。

父島では
これほど多数はえている所はありません。

弟島にも分布があるようですが、
めったに行かないので、どこにあるのか分かりません。

父も兄も
岩場のガレ地に生えていることがほとんどです。


草丈5cmぐらいまでが普通です。
まれにもっと背の高いのも見られます。

花は黄色5弁、
おしべ10、めしべ5心皮です。


posted by mulberry at 07:31| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

ウグイス浜のシマカコソウ

DSCN4290(1).jpg



DSCN4294(1).jpg



1/26  旧1/2  曇り

昨日、
兄島ウグイス浜のシマカコソウ自生地へ。

シマカコウソウはシソ科・固有種。


この場所も
わずかな株しかありません。

大きめの株には
花がいっぱいついていました。

花は白、
5裂(上唇2、下唇3)、おしべ4、めしべ1です。


分布としては
父島・兄島にはわずかだけあるようです。

母島列島にもありますが、
詳細は不明。




posted by mulberry at 07:42| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

冬なのにあちこちでヒメツバキの花

DSCN4159(1).jpg


DSCN4157(1).jpg


1/24  旧12/30  晴れ


冬なのに、あちこちで、
ヒメツバキ(ツバキ科・固有種)花が見られています。

普通、花期は5-7月頃。
パラパラならば他の時期も咲いています。

しかし、
今の咲き方はパラパラレベルではありません。

昨年の花期、花が少なめでした。

また昨年の台風で、かなり葉を落とし、
その後、葉が芽吹きました。

このあたりのことが、
花芽を付け、開花する要因になったのでしょうね。

どちらの要因がより強いのかしら?

さて、今年の花期はどうなるかしら?

posted by mulberry at 07:14| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

デイコ花、色づきだして・・

DSCN4155.JPG


1/23  旧12/29  晴れ

デイコ(マメ科・広域分布種)の花が
色づきだしてきました。

デイコは
デイゴ、ビーデビーデとも言われます。

開花は
例年より、やや遅めに感じます。

花序の付け根のほうから
順次、赤くなってきます。

赤くなったところには
さっそく、メジロが来ていました。

これからしばらくすると、
もっと目立ってくるでしょう。
posted by mulberry at 07:02| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

直角オガサワラビロウ

DSCN4105.JPG


1/21  旧12/27  曇り

昨日、ジョービーチルートを歩きました。

高山に至るルート沿いに
直角オガサワラビロウ(ヤシ科・固有種)があります。

昔から見ていて、気になっていました。

今も健在です。

幹が横に倒れても、
根が張っていて、枯れなかったのでしょう。

そこから先は、
直角に曲がり、まっすぐ立っています。

昨年の台風でもやられなかったですね。
posted by mulberry at 07:19| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

オニタビラコ花

DSCN4006(1).jpg


DSCN4004(1).jpg



1/17 旧12/23  晴れ

集落エリアの道端では
オニタビラコ(キク科・外来種)の花が咲いています。

頭花は黄色、
舌状花のみ多数です。

舌状花は20以上ありそうですね。

中央部に棒状にのびている部分に
おしべ・めしべがついています。

先端部がめしべ柱頭です。

頭花のサイズはごくこぶりで、
指のサイズくらいです。

posted by mulberry at 08:29| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

ガーベラの花

DSCN3716(1).jpg


DSCN3717(1).jpg


1/11  旧12/17  曇り


墓地の一角、
直植えのガーベラ(キク科・外来種)が咲いていました。

ガーベラは様々な品種があるようで、
品種名までは分かりません。

頭花は
外側に舌状花多数、内側に筒状花多数です。


人家や墓地は
まだいろいろな園芸種がありそうです。

たまに調べないといけませんね。
posted by mulberry at 07:56| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

オオコウモリのペリット(モモタマナ果実)

DSCN3991.JPG


1/10  旧12/16  晴れ

モモタマナ(シクンシ科・広域分布種)の樹下、
果実とオオコウモリのペリットが落ちています。

オオコオウモリは果実の果肉をかじって、
はき出した部分がペリットです。

ペリットは
せんべいのように平べったい円形です。

きっと夜には
オガサワラオオコウモリは来ているのでしょう。

posted by mulberry at 07:34| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

ヤシの影がシルエットに

DSCN3938.JPG


1/3  旧12/9   曇り

浜辺で
ヤシの影がシルエットになっています。

南国らしい風景です。

扇浦です。

とはいっても、
このヤシは植栽で、外来種です。


小笠原の自生のヤシ科植物は
オガサワラビロウとノヤシだけです。

集落エリアのヤシは
ほとんど植栽の外来種です。


多いのは
ココヤシ、トックリヤシ、トックリヤシモドキなど。

ユスラヤシ、マニラヤシ、シンノウヤシ、アレカヤシなども。
posted by mulberry at 06:53| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

(ホソバ)キンゴジカ花

DSCN3922(1).jpg


DSCN3923(1).jpg


12/29  旧12/4  晴れ

とある道端で
ホソバキンゴジカ(アオイ科・外来種)が花をつけています

小笠原には
ホソバキンゴジカ、キンゴジカなどあるようです。

図鑑で見た限りは
ホソバキンゴジカかと思います。

花は淡黄色、5弁。

おしべ多数、めしべも複数(5以上?)あります。

漢字では
細葉金後時花と書くようです。
posted by mulberry at 08:06| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

クサスギカズラ花

DSCN3903.JPG



DSCN3912.JPG
果実



12/26  旧12/1  曇り

父島の一部で野生化している植物。

実は名前も知りませんでした。

花が咲いていたので、調べてみました。

クサスギカズラというんですね。
クサスギカズラ科(キジカクシ科)・外来種です。

細い葉がたくさんつき
地を這うようにのびています。

そこが草杉(クサスギ)なのでしょう。
つるだから葛(カズラ)ですね。

雌雄異株のようです。

花は花被片6、
おしべ6、めしべ1です。

この写真の花は
花粉もしっかりついているので雄花かと思います。

果実のついているのは雌株ですね。

今後、もっと調べてみます。
posted by mulberry at 10:11| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

南島のアカテツ

DSCN3839(1).jpg

DSCN3841(1).jpg


12/22  旧11/26  晴れ

父島の山地では
普通に見られるアカテツ(アカテツ科・広域分布種)。

小さな島の南島ではごくレアです。

以前に一度見ていました。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/427522602.html

今年度の作業でも1本見つけました。

クサトベラの群生の中に混ざって生えていました。

この島へのアカテツの散布方式は
鳥散布でしょうね?

南島には
何本のアカテツがあるかしら?
posted by mulberry at 08:05| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする