2016年12月12日

甑島訪問記・・中甑島

2016年11月
甑島3島を初訪問。

上と中は橋でつながっていますので、
同日に回りました。

あいにく雨でしたので、
あまりきれいな風景になっていません。

甑島観光
http://www.koshikijima.net/
http://satsumasendai.gr.jp/koshiki-sight-seeing/

こしきツアーズさん
http://www.koshikitours.com/

甑島の戦跡は
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/444739493.html



上甑島
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/444814852.html
下甑島
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/444820483.html

PB140031.JPG
甑大明神橋:甑の由来となった甑(せいろ)の大岩があるそうです
      上甑島と中島をつなげています
PB140028.JPG
鹿の子大橋:中島と中甑島をつなげています

PB140017.JPG
帽子山展望所:眼下は平良集落

PB140021.JPG
PB140025.JPG
木の口展望所:眼下は藺牟田瀬戸、
       架橋工事中、中と下がつながります。
posted by mulberry at 09:09| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

甑島訪問記・・上甑島

2016年11月
2泊3日で甑島3島を初訪問しました。
http://www.koshikijima.net/
http://satsumasendai.gr.jp/koshiki-sight-seeing/

目的は島旅と戦跡です。

1泊目は上・中甑島、2泊目に移動して下甑島でしたが、
あいにく初日は雨模様でした。

このため
上と中甑島はあまりいい風景写真が撮れませんでした。

この旅行では
こしきツアーズさんに手配をお願いしました。
http://www.koshikitours.com/

鹿児島からの往復は川内からの高速船を使いました。
川内-上甑・里まで50分ほどです。

甑島の戦跡は
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/444739493.html

中甑島
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/444815231.html
下甑島
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/444820483.html


PB150095.JPG
里集落のトンボロ(陸繫砂州)

PB150092.JPG

PB150090.JPG
里集落

PB150083.JPG

PB150082.JPG
武家屋敷跡と八幡神社:里エリア

PB140073.JPG
鶴城跡:里エリア

PB140062.JPG
ヘゴ自生北限地帯

PB150099.JPG
長目の浜展望所

PB140039.JPG
田之尻展望所:長目の浜とナマコ池

PB140042.JPG
眼下はなまこ池

PB140044.JPG
なまこ池

PB140047.JPG
貝池

PB140051.JPG
長目の浜:漂着物多し

PB150081.JPG

PB140080.JPG
甑島館:温泉付きホテル および夕食(部分的・キビナゴ刺身他)

PB140058.JPG
鮨し膳かのこ「黒マグロランチ」:ボリュームもあり

PB140012.JPG 

PB140014.JPG
高速船甑島
posted by mulberry at 08:48| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

名古屋城訪問記

2016年11月、
名古屋城を訪問しました。

この城は2度目で、30年ぶりくらいです。

時間があまりなかったので、
名古屋駅からタクシーで行きました。
1000円ちょっとでした。
http://www.nagoyajo.city.nagoya.jp/

PB220567.JPG
天守

PB220585.JPG
天守金鯱

PB220572.JPG
天守からの展望

PB220576.JPG
内部展示:石引の様子

PB220581.JPG
内部展示:昔の城周辺模型

PB220582.JPG
実物大金鯱模型

PB220561.JPG
西南隅櫓と天守

PB220564.JPG
本丸御殿

PB220596.JPG
本丸御殿内部
posted by mulberry at 16:14| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

清洲城訪問記

2016年11月
清洲城を初めて訪問しました。

名鉄・新清洲あるいはJR清洲から歩いて15分ほどです。

http://kiyosujyo.com/index.html

PB220618.JPG

PB220620.JPG
天守

PB220615.JPG

PB220616.JPG
内部展示

PB220611.JPG
天守からの展望
posted by mulberry at 15:40| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

岐阜城訪問

2016年11月、岐阜城を訪問しました。
ここは初めてです。
http://www.city.gifu.lg.jp/3537.htm

あいにくの小雨だったので、
天守からの展望が霞んでいました。

岐阜駅からは歩くと遠いので、
バスかタクシー(1500円くらい)で近くまで行きます。

岐阜城は300m以上の山の上にあるので、
ふもとからローウェイ(往復1000円ちょっと)が一般的です。

PB190357.JPG

PB190346.JPG
天守遠望

PB190354.JPG
内部展示

PB190352.JPG

PB190348.JPG
遠望 眼下は長良川

PB190341.JPG
金華山ロープウェイ乗り場



posted by mulberry at 11:41| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

犬山城訪問

2016年11月、犬山城訪問。
周辺の紅葉もきれいでした。

犬山城を訪れるのは
30年ぶりくらいで、以前の記憶は階段が急だったことくらいです。

http://inuyama-castle.jp/


PB190313.JPG
全景

PB190330.JPG
1階:上段の間

PB190316.JPG
急な階段

PB190318.JPG
1階:納戸の間  

PB190331.JPG
地下穴倉

PB190322.JPG
南側遠望

PB190325.JPG
北川遠望 眼下は木曽川

PB190340.JPG
本町通り


posted by mulberry at 11:17| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

三重県鳥羽市・神島訪問記

2016年
エコツーリズム大会のエクスカーションで神島を訪問。

神島小児童がガイドで島を1周しました。

神島は鳥羽市ですが、
対岸の伊良湖岬から5㎞もないくらいの距離にあります。

三島由紀夫の潮騒の舞台で有名です。

2時間もあれば、島1周できます。

神島情報
https://www.city.toba.mie.jp/kikaku/ritoushinkou/kamishima/html/kamishima.html
http://tobakanko.jp/modules/pamphlet/images/cn2_20160630101526_5.pdf

神島っ子ガイド
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/444787731.html

監的哨
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/444741986.html

PB210552.JPG
神島マップ

PB210462.JPG
遠望

PB210466.JPG
港と集落:集落は傾斜地に密集して建っています。

PB210475.JPG
お弁当(山海荘):地の魚介が豊富に

PB210477.JPG
公衆トイレ:タコが名物なのもわかります

PB210481.JPG
井戸

PB210485.JPG
八代神社 :上の方には神宮遥拝所があります

PB210509.JPG
神島灯台:この日は内部も見学

PB210501.JPG
伊良湖岬がすぐ近く

PB210540.JPG
カルスト地形:ニワの浜付近

PB210541.JPG
神島小グランド:校舎は新設中

PB210548.JPG
白長大明神


posted by mulberry at 10:01| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

満足度最高の「神島っ子ガイド」

11/20-22
全国エコツーリズム大会in伊勢志摩が開催されました。
11/21、エクスカーションプログラムで
「神島っ子ガイド」に参加しました。

鳥羽市神島の小学生高学年が
総合の成果として、一般の人をガイドするものです。
(学校にとっては授業の一環)

当日は3学年3グループに分かれてガイド。
僕は6年生ガイドのグループへ。

いくつかのポイントで児童が説明してくれます。
先生も補足してくれました。

児童は
発表で用意したこと以外の質問にはあまりうまく答えられていませんでした。
でも、島の生活のことはよく教えてくれました。

到着後は児童とともに昼食。
児童は給食で僕らはお弁当。
島のこと聞きながら食べました。

ツアーの途中では
神島太鼓も披露してくれました。

ガイドの技術レベルは別に学ぶことはないですが、
ツアー満足度では最高点です。

満足度の要素:
島の子、一生懸命さ、交流、島の食材(弁当)、伝統芸能披露
手ごろなコース、見送り などがあるかと思います。

気になったのは参加費です。
ツアー代は授業の一環なのでかかっていません。
実費(船・弁当代)以外の部分はどうなっているのか?
要は仲介する会社の売り上げなんでしょうかね?

PB210467.JPG
お迎え風景

PB210474.JPG
一緒に昼食:児童は給食、僕らは弁当

PB210482.JPG
ポイントでのガイド風景(6年生)

PB210492.JPG
八代神社のこどもおみくじ

PB210493.JPG
他のグループのガイド風景

PB210545.JPG
神島太鼓の披露

PB210555.JPG

PB210556.JPG
見送り風景







posted by mulberry at 09:43| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

三重県鳥羽市・菅島訪問記

2016年11月、
菅島監的哨を主目的に訪れました。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/444741693.html

その時に島を歩いた記録です。
約3時間で島を1周しました。

大山(おおやま)山頂(237m)にも行きました。
山頂付近からの展望は素晴らしいですが、山頂そのものは見晴らしなしです。

また道がわかりにくいので、
山頂の方に行くときはGPS持参をお勧めします。  
http://sugashima.jp/index.html
https://www.city.toba.mie.jp/kikaku/ritoushinkou/sugashima/html/sugashima.html


PB200375.JPG
港にある菅島マップ

PB200373.JPG
港と集落

PB200374.JPG
港から大山方面

PB200389.JPG
菅島灯台:日本最古のレンガ造り灯台、明治6年7月1日点灯。

PB200407.JPG
大山から港方面

PB200411.JPG
大山から答志島方面

PB200413.JPG
大山山頂付近

PB200422.JPG
C-1輸送機09,15号機殉職者慰霊碑:空自輸送機2機が1983/4/19墜落

PB200427.JPG
採石場:島の西部がかんらん石の採石場

PB200431.JPG
菅島神社

PB200433.JPG
菅島小学校校舎:中央部が菅島灯台を模したデザイン。
posted by mulberry at 17:08| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

HP更新:壱岐訪問記

P5100125.JPG

2016年5月、
1泊2日で壱岐を訪れました。

そのときの写真記録です。

レンタカーで島をめぐりました。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub3-117.html

壱岐と対馬と比較すると対照的で、
両島併せて訪れるといいと思いました。


壱岐はなだらかな起伏の地形で
田や麦畑が多く、農業が盛んな感じがありました。

また遺跡や古墳の多い島でもあります。
posted by mulberry at 07:26| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

こどものおやつ(300円)、大人のおやつ(100円)by海洋センター

P5180576.JPG

5/20  旧4/14   晴れ

小笠原海洋センターでは、
飼育下の水槽のウミガメに餌をあげることができます。

大人はキャベツの葉で
1杯100円。

子供は細切れにした生魚で
1杯300円です。

子供の方が値段は高めです。

子供の餌は
専用ペレットで育てています。

そのため、以前は子供に餌やりはできなかったので、
楽しみが増えました。

400円握って、海洋センターへ行こう!!
posted by mulberry at 08:40| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

小笠原に来なくてはいけない理由、その23「アオウミガメ日本最大の繁殖地だから」

P16167749.JPG

カメネタ、これまで食だけでした。

何かないかと探したら、
日本最大の繁殖地でした。笑

最大って何って思いますよね。
よく書いてあるんです。

海洋センターに聞いたら、
産卵個体数のようです。

それなら数だから
日本最多のような気がするんですが・・

ということで
アオウミガメの日本最大の繁殖地、小笠原でした。
posted by mulberry at 17:10| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

小笠原に来なくてはいけない理由、その22「浜辺で鴬砂(うぐいす砂)が見られる」

P8118357.JPG

世界でここだけというと
動植物の固有種が頭に浮かんできます。

でも、
浜辺にあるうぐいす砂もそうなんです。

無人岩が風化浸食を受けると、堅い古銅輝石だけが残り,
やがて波に洗われて海岸に集まり緑色のうぐいす砂となります。

ですから、
無人岩のあるエリアではうぐいす砂が見られます。

聟島列島から父島列島にかけて。

父島では
西海岸や初寝浦が緑が濃いように感じています。

写真は西海岸です。
ちょっと緑っぽく見えますよね。
posted by mulberry at 15:06| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

HP更新:2015年10月福井県雄島訪問

PA180741.JPG

2015年10月
福井県東尋坊近くの雄島を訪れました。

その写真記録です。

この島は、
柱状節理や板状節理がよく観察できます。

http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub3-111.html
posted by mulberry at 10:53| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

小笠原に来なくてはいけない理由、その21「鯨類(イルカ・クジラ)が通年でみられる}

1PICT0030.JPG

このネタ、さすがに21にもなると、
なかなか出てこなくて、久々です。

灯台下暗しで、鯨類に戻ってきました。

通年で鯨類がみられるところは
海況の問題や鯨類の回遊性の問題などあり、なかなかないです。

小笠原では、沿岸や外洋で
主に4種の鯨類がウォッチング対象となっています。

ミナミハンドウイルカ、ハシナガイルカ、ザトウクジラ、
マッコウクジラです。

通年でウォッチングが行われています。

なおザトウクジラは回遊性で、
12月から5月ごろまでの期間です。

イルカ2種は通年です。

マッコウクジラは外洋性で
ザトウシーズン以外によくウォッチングが行われています。

ということで種類を限らなければ
通年で鯨類のウォッチングができます。
posted by mulberry at 09:21| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

HP更新:日本の城 訪問記

P5110791.JPG


「日本の城 訪問記」アップしました。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub3-14.html

関東以北・四国はあまりないのですが、
それでも30か所以上。

まだ行ってない現存天守12城は
まだ6もあります。
がんばらねば。

沖縄の世界遺産のグスクは全部回りました。
posted by mulberry at 15:38| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

HP更新:桜島訪問記録

P1070495.JPG

2016年1月
桜島で2泊し、一日たっぷり桜島を見学しました。

その時の記録です。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub3-109.html

桜島は厳密に葉島ではありません。

現在、大正溶岩以降は陸続きです。


posted by mulberry at 10:55| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

HP更新:鹿屋航空基地史料館

P1060256.JPG

2016年1月
鹿屋航空基地史料館を訪問しました。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub14-4-32.html

史料館内部は
1Fが海上自衛隊の活動紹介展示、
2Fが零戦復元展示および特攻関連です。

屋外展示は多数あり、
一部、海軍関連のほか、大部分は海自飛行機・ヘリです。

飛行機好きにはたまらないかも・・
posted by mulberry at 11:53| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」

俺は、君のためにこそ死ににいく【Blu-ray】 [ 徳重聡 ] - 楽天ブックス
俺は、君のためにこそ死ににいく【Blu-ray】 [ 徳重聡 ] - 楽天ブックス

鹿児島旅行では、複数の特攻基地跡を訪ねました。
それが伏線です。
特攻について考えざるを得なくなります。

「俺は、君のためにこそ死ににいく」
石原慎太郎脚本、2007年公開の映画。

楽天SHOWで観ました。
http://video.rakuten.co.jp/content/63108/

とても切ない、涙がこぼれる映画です。

舞台は陸軍特攻基地となった知覧飛行場。

そこから特攻に出陣する若者を描いた作品です。

特攻を肯定する気も美化する気もないですが、
特攻に散った若者は美化させてあげたいです。

映画のタイトルは
特攻に散っていく若者の気持ちを表しているのでしょう。

「君」とは、は家族、母、妻などいろいろでしょう。

本当に切ない映画です。

映画では
終戦後、大西瀧次郎長官の切腹場面が出ます。

特攻を強いた
指揮官の責任の取り方を感じさせるものとして描いたのでしょう。

posted by mulberry at 14:24| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

募集:2-4月限定 入港日午後・出港日午前、グッドエコツアー・千尋岩コース

P8203078.JPG

マルベリーのグッドエコツアー・千尋岩コース、
多くの方にご参加いいただきありがとうございます。

このたび、2-4月限定
入港日午後、出港日午前の千尋岩(ハートロック)コースを
開催することにしました。

山歩きしやすい涼しい2-4月なら
長めの半日でそれほど無理なく歩けます。

(大村地区基準で)
入港日午後  11:30到着後すぐ波止場集合 16:30終了
ツアー代 弁当込 9000円

出港日午前 7:30集合 12:30終了
ツアー代 8500円

内容は一日コースと同じです、
ただし目的地の休憩は短め、30分以内です。
(なおペースによってはガジュマル林は寄らない場合もあります。)

最少催行2名様です。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub1-3.htm
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub1-3-1.htm

催行日程は
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub11.htm

参加上限年齢は65歳です。元気のある人、ぜひどうぞ。

posted by mulberry at 11:02| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする