2020年04月21日

南島サメ池のネムリブカ

DSCN5147.JPG


南島南側入口のサメ池。

奥の方の浅瀬では
春から夏にかけて多くのネムリブカの休息地。

日中は
みなのんびり休んでいるようです。

とすると、
夜に行動的になるんでしょうね。

ここは
上陸ルートからも観察できます。


幕末の探検隊は、
袋港と名付けています。

図絵の解説では
「大亀、鮫が多くいる」とあります。

現在でも、サメはもちろんですが、
春から夏にかけてはアオウミガメもいるときがあります。

ここは
幕末から現在までさほど変わっていませんね。

同じ図絵では
入口は3間ほどとあります。

1間は1.8mほどですから
5.4m程度となります。

図絵を見る限り
今はやや地形が変わっていますね。

古い資料で温故知新です。
posted by mulberry at 08:32| 東京 ☀| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

浅瀬でアオウミガメ交尾中

DSCN4905.JPG


4/4  旧3/12  曇り


この写真ではわかりにくいですが、
アオウミガメ交尾中です。

浜辺のかなり浅い所でした。

遠目で見たとき、
誰かが泳いでいるのかと思いました。

時々、
海面から上に黒っぽいものが見えました。

なんだか暴れているようで、
おぼれているのかもという風にも見えました。

あるいは漂着物かなとも思いました。

念のため、近づくと、この状況でした。

子孫繁栄のための行為、
白日の下ですが、大事です。



posted by mulberry at 07:30| 東京 ☁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2020年02月21日

兄島瀬戸を通るザトウクジラ

DSCN4557(1).jpg


DSCN4558(1).jpg


2/21  旧1/28  晴れ

2/19の出来事。

長崎展望台からの兄島瀬戸です。

兄島の方見ていると、
下でザトウクジラの気配。

瀬戸の真ん中を
ゆっくり泳いでいました。

展望台からの距離は500mほどです。

かなり近くで見れました。

瀬戸の中で見られることは
そう多くはありません。

ラッキーです。

カメラは普通のデジカメなので、
まあ画像はこんな程度です。
posted by mulberry at 07:33| 東京 ☁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

高密度なミズクラゲ

DSCN3638.JPG


11/27  旧11/1  曇り

二見湾の奥の方では
ごく普通に見るミズクラゲ。

風向きなどによっては、
特定の場所に高密度で見られるところがあります。

ここを
ミズクラゲに接触しないで泳ぐのは困難です。

触ると、ヌルヌルします。

こんなに多すぎると、ちょっとねえ。
posted by mulberry at 07:42| 東京 ☁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

製氷海岸でオニヒトデ

DSCN3592.JPG


11/19  旧10/23  晴れ


昨日11/18、日中の出来事。

製氷海岸で
オニヒトデがいるのは知っていました。

でも、
スイム中に見たのは初めてでした。

水深3ⅿほどの
枝サンゴ(スギノキミドリイシ)の群生地。

ご覧の通り、
枝サンゴにへばりついています。

近くでもう1個体見つけました。

オニヒトデが
サンゴを殺してしまいます。

このエリアに
一体どのくらいいるのでしょうか?

posted by mulberry at 12:19| 東京 ☁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

ハートが恋しくなったら・・・ミズクラゲ

DSCN3020.JPG


11/17   旧10/21  晴れ


11月にもなると、
水着で泳ぐのはきつくなってきました。

製氷海岸では
水面近くで、多くのミズクラゲが漂っています。

水族館の水槽のように、
密集しているところまれにあります。

小笠原のミズクラゲの生殖腺は
ハート形がわりと普通。

ハートに恋しくなったら、
製氷海岸へゴー!!
posted by mulberry at 08:27| 東京 ☀| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

ハート型、ミズクラゲ4つの生殖腺

DSCN2949.JPG


二見湾内には
多くのミズクラゲが漂っています。

体全体が透き通った色で、
内部に4つの生殖腺が見えます。

ネットで画像調べると、
たいがいは丸形です。

でも二見湾内のは
丸形はあまりないようです。

わりと
ハート型が多いですね。

ミズクラゲの内部にある生殖腺
4つのハートです。

これが珍しいのかどうかは分かりませんが・・

興味のある人は
小笠原まで見に来て下さい。

posted by mulberry at 13:47| 東京 ☁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2019年09月21日

海の中の砂紋

DSCN2887.JPG


9/21  旧8/23  曇り

海の中の砂紋です。

浜辺だと
こういう砂の模様は風紋というのでしょう。

海の中だと、
波の影響でこういう模様ができます。

この場所は
普段は静かな入り江です。

台風の時は大きなうねりが入ります。

浅い水底はかなりかき回されて、
こういう砂紋ができるのでしょう。

潮の流れも影響しているのかしら?




posted by mulberry at 07:37| 東京 🌁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

アオリイカの若い個体

DSCN2917.JPG


9/18  旧8/20  晴れ

海で泳いでいると、
アオリイカの若い個体を見るようになってきました。

水面近いところで、
複数個体が並んでいることが多いです。

もうしばらくして、
大きくなってくると、釣りあげられてしまうのも出てきます。

冬場は
アオリイカの釣りシーズン。


僕は釣らないですが、
アオリイカの刺身、うまいですよね。
posted by mulberry at 07:14| 東京 ☁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

浜から泳いでツバメウオ

DSCN2836.JPG


8/29  旧7/29  晴れ。

浜から泳いで行けるツバメウオポイント。

そういう場所は
ここしか知りません。

昨日は
2尾しかいませんでした。

近づくと、表層近いところで、
うろうろ付きまとってきます。

水深は10-20mほどで、
何とか水底が見える程度。

沈船があります。

水面には目印はありません。
位置は山立てで覚えています。
posted by mulberry at 07:00| 東京 ☔| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

ネムリブカでも、やはりドキッとする

DSCN2809.JPG


8/22  旧7/22  晴れ


夏は毎日のように
海で泳ぎます。

トレーニングかねているので、
ゴーグルの実のスイムです。

浅瀬で泳いでいるのですが、
時折、現れるやつ。

ネムリブカ。

小ぶりとはいえ、
現れた瞬間はドキッとしますよ。

見たら、
なーんだっってところですけどね…
posted by mulberry at 08:08| 東京 🌁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

枝サンゴで泳ぐ

DSCN2666.JPG

この土日、
枝サンゴ(スギノキミドリイシ)で泳ぎました。

湾内の水温も上がり、
水着で長時間泳いでいても大丈夫です。

この2日間は
ゴーグルで30分ほどスイムしました。

ようやく水中写真も稼働です。


枝サンゴの群生地は
潮が引いていて、ヘリの所しか泳げませんでした。

満ちていれば、その上も泳げます。

満潮時でも、水深は1mほどです。


posted by mulberry at 16:53| 東京 ☁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

広範囲に露出した枝サンゴ

DSCN2633.JPG


7/5  旧6/3  晴れ

二見湾奥の枝サンゴ(スギノキミドリイシ)群生地。

海域公園にもなっています。


昨日午後は
大きく潮の引いた干潮でした。

そのため、
枝サンゴが広範囲に露出。

その後、潮が満ちてくるまで、
しばらく、この状態が続きました。

岩場につく海藻も露出したので、
磯の香りがかなりありました。

あと何日かは
午後、見られるかも。

posted by mulberry at 07:20| 東京 🌁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

南島サメ池のネムリブカ

DSCN1173.JPG


4/11   旧3/7  曇り

サメの言い方は
サメ、フカ、ワニなどあります。

小笠原でよく見られるサメの1種に
ネムリブカがあります。

英名から
ホワイトチップともよばれます。

春から夏頃までは
南島のサメ池の奥でネムリブカが多数見られます。

これが
サメ池の由来です。


posted by mulberry at 21:41| 東京 ☁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

赤灯台のすぐ下は枝サンゴ

DSCN0614.JPG


2/27  旧1/23  晴れ


二見湾の一番奥は二見漁港。

その手前の防波堤に赤灯台があります。

赤灯台のすぐ手前は
枝サンゴの群生地。

下を見ればごらんの通り。
枝サンゴがよく見えます。

このあたりは
海域公園に指定されています。

防波堤ができたのは返還後。

防波堤ができる前は
もっと群生地が広がっていたのかもしれませんね。
posted by mulberry at 08:09| 東京 ☁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

中山峠から見た黒いかたまり

DSCN0336.JPG


2/8 旧1/4 曇り

中山峠から見下ろす小港です。

大きな黒いかたまりが見えました。

小魚の群れです。

イワシの仲間かと思われます。

釣り人が数人来ていました。

下ってから、近づくと、
バケツに釣った小魚が入っていました。

山から見ていると、
かたまりの形が変わり面白いです。

俯瞰で見ると、
こういうことも楽しめますね。
posted by mulberry at 07:13| 東京 ☀| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

オフのスイムは長めに

DSCN7503.JPG


昨日、オフでした。

天気もいいので、日課のスイムも長めに。

扇浦から要岩を目指しました。


この日は、45分間、スイムしました。

まだ水温も高いままで、
水着でも冷えることはありません。

途中は沈没船の残骸も。
魚礁になっています。

海で泳ぐと、こうやって、
途中でいろいろ見たりします。

だから、
泳ぎっぱなしではありませんが・・・笑
posted by mulberry at 08:36| 東京 🌁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

ブダイの群れ

DSCN7279.JPG


9/27  旧8/18  晴れ


ブダイの群れです。

あまり色が出ていませんが
15尾くらいは写っています。


小笠原には
ブダイの仲間は何種類かいるようです。

その中には
小笠原固有に近い存在のオビシメもいます。

ブダイは
わりと浅いところで普通に見られます。

かたいサンゴをがりがりかじっているのを
よく見ます。

posted by mulberry at 08:07| 東京 ☔| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

砂地にネムリブカ

DSCN7388.JPG


9/23  旧8/14  晴れ


砂地にネムリブカ。
水深3mほど

小笠原で
よく見られるサメの1種。

定番のスイムポイントの砂地で
じっとしていました。

このあたりは、いつもというわけではないですが、
時々見てはいます。

長さは
1.5m程度です。

じーっとしているのですが、
突然、動き出すと、こちらもどきっとします。笑

posted by mulberry at 06:53| 東京 ☁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

海域公園地区、製氷海岸

DSCN7357.JPG


浅瀬の枝サンゴ(スギノキミドリイシ)群生。


二見湾内の海域公園地区です。


ここもたまに泳ぎます。


浜から一番遠くの黄色のブイまで
500Mほど。

潮が引いていると、
浅瀬の上を泳げません。

そのときは
斜面沿いを泳ぎます。

このエリアに、オニヒトデがいるらしいのですが、
まだ見たことがありません。

要注意です。




posted by mulberry at 08:46| 東京 ☁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする