2020年01月10日

有効活用の大村第二砲台砲側弾薬庫

DSCN3988(1).jpg


DSCN3989(1).jpg


大村第二砲台あとには
砲側弾薬庫4つが残っています。

うち3つは放置状態で、
1つだけ道沿いにあり、見学が可能。

かなりしっかりしていて、
危険性もほぼありません。

3つのつくりは
いずれも外扉と内扉の二重構造です。

内扉の内部のサイズはほぼ同じと思います。
内部は白く塗られています。


そして残る1つは
気象庁津波地震早期検知網観測局となっています。

さすがに
中は見たことがありません。

たぶん
内部のつくりは同じかと思います。


posted by mulberry at 09:46| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

中山峠先端、父島要塞第一地帯標

DSCN3790(1).jpg


DSCN3788(1).jpg


中山峠先端部、
父島要塞第一地帯標が残っています。

現在は
草地で眺めのいい場所です。

上部には
S.M.(Strategic Mark Monument 戦略監視の碑)
2ND Z.( SECOND ZONE) 

「1だと、1ST Z.= FIRST ZONE
 3だと、3RD Z.=THERD ZONE」 

英語では第二、日本語では第一、
さてどっちなんでしょうか?

右横は 第21号
左横は 昭和16年1月10日
後ろ正面は陸軍省
と刻まれています。

父島は
いまだいくつもの地帯標が残っています。
posted by mulberry at 08:25| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

海軍標石・・電兵(兵電)

DSCN3667(1).jpg


DSCN3666(1).jpg

海軍標石「電兵(兵電)」。

ネットで調べても、同様なものが出てきません。


この標石のある周辺は
海軍通信隊と海軍航空隊通信所がありました。


ということで
電信の電でしょうかね。

すぐ近くには
3連式のかまどもありました。
posted by mulberry at 13:38| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年11月30日

石垣の砲台は珍しいかも?

CIMG1197(1).jpg

P5200007(1).jpg

CIMG1198(1).jpg


父島の夜明山は
陸軍高射砲隊が1941ごろから配備されていました。

砲台や発電所の建物など、
石垣が多用されています。

全国の砲台を見ていて、
太平洋戦争時に石垣を使っているのは珍しいように思います。

明治ならレンガ積みと石垣
それ以降はコンクリートが普通です。

ここは太平洋戦争の頃です。

いかなでしょう?

posted by mulberry at 12:05| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

壕の中にあった「クレオソート丸」小瓶

DSCN3605.JPG


11/21  旧10/25  曇り

壕の中でみつけたクレオソート丸の小瓶。

クレオソート丸、
わかりやすくいうと、正露丸です。

効能も同じはずです。

小さな瓶です、正露丸と同じサイズだったら
中身は50粒くらいかな?



僕がこの瓶を見たのは
これで2ヶ所目。

もう1ヶ所は陸軍の洞窟陣地。

ここも
陸軍の洞窟陣地と思われます。

衛生環境の悪い場所では
重宝したでしょうね。
posted by mulberry at 09:25| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

三日月山にある炊事壕

DSCN3603(1).jpg
6連式かまど

DSCN3604(1).jpg


DSCN3600(1).jpg
貯水槽

DSCN3602(1).jpg
ポンプ


DSCN3607(1).jpg
排気ダクト

DSCN3610(1).jpg
かまど側出入口

DSCN3606(1).jpg
クレオソート丸小瓶


植生調査の時に見つけた
炊事壕です。

6連式のかまどと、貯水槽があります。

水は外からパイプで引いています。

貯水槽は地下式なので、
ポンプでくみ上げるようになっています。

島では
6つもあるかまどは初めて見ました。

この炊事壕は
場所からすると、陸軍のものと思われます。
posted by mulberry at 11:54| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

清瀬隧道の大扉

DSCN3574.JPG



11/18  旧10/22  晴れ

父島には
大村地区と清瀬地区をつなぐ大きな隧道があります。

大村隧道と清瀬隧道2つに分かれています。

1939年頃完成しました。

清瀬側には
陸軍清瀬弾薬庫や海軍奥村重油槽があります。

大村の桟橋からそういった施設をつなぐ道として
掘られたものでしょう。

清瀬隧道は戦争中に
両側に大きな扉が設置されました。

避難・居住壕として利用されたのですね。

この扉はその名残です。


現在は都道湾岸通りができて、
この隧道は歩道として使われています。

通学路にもなっています。

posted by mulberry at 08:32| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

レンガ造りでコンクリート屋根の建物、珍しい?

DSCN3433.JPG


11/14  旧10/18  曇り


この建物は
海軍通信隊送信所施設の一部です。

この施設は
1944年に、他から、移ってきました。

この建物は海側に面していて、
見張りの役割もあったかと思われます。

外側はモルタル仕上げになっているので、
全部がコンクリート造りに見えます。

でも、よく見ると、
壁はレンガ積みです。

そして天井部は
梁も含めてコンクリート。

レンガの壁ととコンクリートの屋根の複合施設。

こういう建物、よくあるものでしょうか?
情報求む。
posted by mulberry at 06:55| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

母島で見てきた戦跡

DSCN3460(1).jpg
探照灯


DSCN3473(1).jpg
十二糎高角砲

DSCN3524(1).jpg
御幸之浜 銃眼


DSCN3472(1).jpg
北港銃眼



11/11  旧10/15  曇り


11/9-10と二日間の母島出張。

日中は空き時間で
都道をたっぷり歩き、戦跡も見てきました。

今回は4ヵ所。

北港の銃眼は
台風で回りがスカスカになっていて、
海側から見えました。

銃眼から中に入ってみましたが、
返還後の農漁業用と思われるものがありました。
posted by mulberry at 07:38| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

中央山四一式山砲

DSCN2907(1).jpg
四一式山砲


DSCN2911(1).jpg


DSCN2909(1).jpg
銃眼


DSCN2914(1).jpg
入口



僕が知る限り
父島では四一式山砲は2つ残っています。

夜明山と中央山に1つずつ。

他のガイドさんで
この砲を三八式野砲と言ってる人がいますが、
明らかに形が違うと思います。


さてこの中央山のものですが、
かなりバラバラな状態です。

この場所は
観光利用では行くことができません。

砲に関して言えば、
夜明山のを見れば十分かと思います。
posted by mulberry at 15:06| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

屏風谷崖地の銃眼

DSCN2857(1).jpg
外観

DSCN2844(1).jpg
その1 外側

DSCN2845(1).jpg
その2

DSCN2846(1).jpg
その2


DSCN2851(1).jpg
その3

DSCN2853(1).jpg
その4

DSCN2855(1).jpg
その5


9/1  旧8/3  晴れ

屏風谷崖地の銃眼を調査しました。

海辺から坂を上り、
銃眼から中に入りました。

銃眼や監視窓が5ヶ所。

1ヶ所の銃眼には
方向を示す目盛りがついていました。

出入口は
上を抜ける通路からだったようですが、
そこは崩れています。

火砲の残骸は全くありませんでした。
posted by mulberry at 07:23| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

山中に残る炊事場

DSCN2819.JPG


8/24  旧7/24   晴れ


山中に残る炊事場の跡です。

流し台やかまどが複数残っています

流し台はレンガ積みですね。

建物は基礎だけが残っています。
木造だったのでしょう。

戦跡は
様々なものが残る小笠原です。
posted by mulberry at 06:53| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

海軍三年式八糎高角砲

DSCN2791(1).jpg

DSCN2792(1).jpg


8/17  旧7/17  曇り

洞窟陣地にある海軍三年式八糎高角砲です。

この高角砲も
島内数か所にあります。

いずれもやや足場が悪いところにあります。

ここは
弾薬箱も残っています。

同じ陣地内には
対空機銃(機関砲)の残骸も残っています。
posted by mulberry at 06:47| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

脚立まで持ち出して上ってみたけれど‥

DSCN2751.JPG


8/10  旧7/10  台風10号

以前から気になっていた
海辺の壕の入り口。

潮が引くと
ぬれずにここまでは行けます。

しかし、段差があって、
上ることができませんでした。

そこで脚立の出番。

脚立かついで、海岸を歩き、
やってきました。

上ったところ、
奥行10mほどの部屋みたいになっているだけでした。

ちょっとがっかり。
苦労が報われず…苦笑

posted by mulberry at 07:07| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年07月27日

風景から考える戦争と平和

DSCN2702.JPG


7/27  旧6/25  晴れ

8月は
原爆投下、敗戦(終戦)と戦争がらみの話題の多い月。

小笠原でも8/15は
戦没者追悼式典が行われます。

風景は
陸軍のトーチカと二見湾。

当時の兵隊さんも、
ここからこの風景を見ていたかと思うと、
複雑な心境になります。

南国と戦争は縁遠い世界のようで、
太平洋戦争はそこが戦場だったのです。

小笠原エリアでは
硫黄島がまさに戦場。

父・母は
地上戦はありませんでした。
posted by mulberry at 06:53| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

窓枠がドラム缶の建物

DSCN2703.JPG


7/24  旧6/22   薄曇


この建物は
窓脇がドラム缶です。

軍事施設です。


今はがらんどう(伽藍堂)ですが、
当時は、発電機室だったようです。

この窓枠だと
窓はやはりドラム缶の蓋だったのかしら?


posted by mulberry at 07:44| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

海上自衛隊佐世保史料館

DSCN1698(1).jpg
史料館

DSCN1696(1).jpg
史料館からの展望

DSCN1700(1).jpg
山内短五糎砲(礼砲)説明

DSCN1699(1).jpg


DSCN1697(1).jpg
護衛艦くらまの錨


2019年5月
佐世保市海上自衛隊佐世保史料館訪問。

2回目です。。

内部は
ほぼ撮影禁止です。

入館は無料で、
入口で受付して、入場します。

https://www.mod.go.jp/msdf/sasebo/5_museum/



posted by mulberry at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

陸軍佐世保要塞馬川兵舎

DSCN2004(1).jpg
門柱

DSCN2005(1).jpg
兵舎基礎


2019年5月
佐世保市俵ヶ浦地区にある
陸軍佐世保要塞馬川兵舎を訪問。

周辺は森林と農地となっています。

兵舎は
終戦まで使われたそうです。




このあたりは道が細いため、
ふもとの適当なところから歩く必要があります。

主要な施設は看板があります。

http://www.city.sasebo.lg.jp/kyouiku/bunzai/documents/rikugunumagawaheisya.pdf
posted by mulberry at 14:28| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

陸軍佐世保要塞小首堡塁

DSCN1993(1).jpg
掩蔽部 兵舎ほか?

DSCN1991(1).jpg
内部

DSCN1996(1).jpg
砲測庫

DSCN2003(1).jpg


DSCN1997(1).jpg
内部

DSCN1998(1).jpg
砲台

DSCN1995(1).jpg
厠 トイレ

DSCN1989(1).jpg
門柱

DSCN2001(1).jpg
観測所

DSCN1987(1).jpg
説明板


2019年5月
佐世保市俵ヶ浦地区にある
陸軍佐世保要塞小首堡塁を訪問。

周辺は森林と農地となっています。

砲台に向かう道も
あまり人が入っていない風です。


1900年に竣工され、
加農砲が据えられました。

1942年、加農砲は撤去。


このあたりは道が細いため、
ふもとの適当なところから歩く必要があります。

主要な施設は看板があります。

http://www.city.sasebo.lg.jp/kyouiku/bunzai/documents/kokubihourui.pdf
posted by mulberry at 14:17| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

海軍魚雷艇訓練所跡(川棚町)

DSCN1909(1).jpg
桟橋にあったクレーンの基礎

DSCN1912(1).jpg
訓練所跡碑

DSCN1914(1).jpg
特攻 殉国の碑 と脇に資料館

DSCN1916(1).jpg
震洋艇模型

DSCN1911(1).jpg
周辺説明版


2019年5月
長崎県川棚町魚雷艇訓練所を訪問。

当時桟橋があったころの
クレーンの基礎が海の中に於残っています。

浜辺には
資料館や碑があります。

ここで訓練した多くの方が
特攻で犠牲になりました。


http://www.kawatana.jp/kankou/2010/12/post-27.html

http://www.kawatana.jp/kankou/entry-img/wartime-ruins_01.pdf
posted by mulberry at 10:12| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする