2020年04月08日

父島海軍航空隊送信所

DSCN4986(1).jpg
内部全景

DSCN4981(1).jpg



DSCN4979(1).jpg
装置台座  1


DSCN4972(1).jpg
装置台座 2

DSCN4982(1).jpg
天井部


DSCN4973(1).jpg
部屋のある部分


DSCN4980(1).jpg
1階部分


DSCN4987(1).jpg
外側


DSCN4976(1).jpg
貯水槽


DSCN4970(1).jpg
外灯?


父島夜明山北部に残る
父島海軍航空隊送信所跡。

大きな建物がしっかり残っています。

大きな柱が3本で支えられています。

入口や窓の扉は全部はずされていて、
一部だけ建物内に残っています。

広いスペースには
大きな装置(発電機?)の台座2つあります。

天井部には
チェーンブロック支えるH鋼があります。

部屋は
1階に3部屋、2階に1部屋と広い踊り場があります。

壁には赤い字の落書きがあります。

日付は返還からすぐのころのもので、
現存する島民の名が書かれています。
日本名K.Kさんです。

この建物の近くには貯水槽があり、
斜面上部にアンテナの台座部分もあります。

ここは
海軍通信隊送信所とはまた別です。


アンテナ台座
https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/474451745.html
posted by mulberry at 14:23| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください