2020年02月03日

もともとの巽谷砲台

DSCN4431(1).jpg
砲座

DSCN4423(1).jpg
砲測弾薬庫?  その1

DSCN4424(1).jpg
内部


DSCN4427(1).jpg
岡田乾電池

DSCN4430(1).jpg
金属の箱  中身は?


DSCN4432(1).jpg
砲測弾薬庫?  その2


DSCN4421(1).jpg
建物跡

DSCN4418(1).jpg
建物跡


DSCN4414(1).jpg
定平山  発電機?


DSCN4406(1).jpg
定平山 探照灯



2/3  旧1/10  晴れ


巽谷砲台の調査に出かけました。

西海岸から
沢筋を上りたどりつきました。

まず定平山には
探照灯と発電機と思われる残骸がありました。

その後、少し下ったなだらかな地形で
巽谷砲台も見つかりました。

建物跡と思われるものが2ヶ所。

さらに道を進むと、
砲測弾薬庫や砲座などが見つかりました。

ここは
三八式十二糎榴弾砲が4門据えられていました。

戦争末期に移動され、
父島には朝立岩付近に2門残っています。

posted by mulberry at 16:17| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください