2019年07月14日

似て非なるホソバクリハラン・ムニンサジラン

DSCN4317(1).jpg
ムニンサジラン


DSCN4328(1).jpg
ホソバクリハラン

DSCN4332(1).jpg
ホソバクリハラン胞子嚢群

DSCN4325(1).jpg
ムニンサジラン胞子嚢群


7/14  旧6/12  晴れ

ホソバクリハランとムニンサジラン、
どちらも固有種です。

ランといっても、シダですよ。


同じような場所で、
生えているところもあります。

一般的には
ホソバクリハランは岩上・樹上に着生、
ムニンサジランは岩上・地上に
着生していることが多いです。

葉の形は比較的似ていますが、
ムニンサジランは先が尖り、
ホソバクリハランは先がやや丸くなっています。

胞子嚢群つき方ははっきり違います。

ムニンサジランは線形、
ホソバクリハランは円形です。

posted by mulberry at 08:03| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください