2019年03月13日

四五式二十四糎榴弾砲(時雨山)

DSCN0010(1).jpg


DSCN0013(1).jpg
砲台後方から

DSCN0009(1).jpg
砲台 前方から後方
DSCN0014(1).jpg
砲台全景


時雨山、
四五式二十四糎榴弾砲です。

もとは
大村第一砲台にあったものです。

戦争末期に
時雨山のふもとに移設されました。

2門移設しましたが、
1門はダム工事で埋まったということです。

洞窟ではなくて、露天です。

砲は
洞窟に隠すことはできません。

この場所は行けなくもないですが、
やや足場悪しです。

二十四糎榴弾砲は
島内に残る大砲として、一番径の大きなものです。




posted by mulberry at 11:06| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください