2019年01月23日

タコノキとアダンの果実

DSCN0082.JPG
タコノキ熟れた果実

DSCN9107.JPG
アダン果実

1/23  旧12/18  曇り


奄美や沖縄に行くと、
アダン(タコノキ科)が海岸付近に生えています。

小笠原ではタコノキ(タコノキ科・固有種)が
海岸付近から山の上まで島内全域で見られます。

タコノキとアダンを比べると、
とげの鋭さ、樹形、生息場所、果実の大きさなどに、違いがあります。

これらの違いは
並んで生えていると、すぐわかるレベルです。

果実については
集合果はタコノキの方が大きめで、
ごつごつした感じがあります。

1つずつの分果も同様で、
タコノキの方が大きいです。
posted by mulberry at 07:28| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください