2019年01月18日

三八式野砲の洞窟陣地

DSCN9856(1).jpg
南側の1門

DSCN9859(1).jpg


DSCN9858(1).jpg


DSCN9844(1).jpg
南側別な1門

DSCN9836(1).jpg
北側1門

DSCN9838(1).jpg


DSCN9843(1).jpg
北側にあるかまどや貯水槽

DSCN9857(1).jpg
北から南側の通路、100Mほどありそう

この場所は観光ルートではないので、
案内はできません。

野羊山中腹にある
洞窟の中の三八式野砲陣地。

元は1942年頃に
露天でこのエリアに砲台を作っていました。

1944年以降に、洞窟に移行しています。

洞窟は
北から南に稜線の下を貫くように掘られています。

100Mほどの長さがありそうです。
支線も入れると200Mほどの長さがありそう。

出入り口は4カ所以上。

三八式野砲は三門、いずれも壊されています。

外には
防御・遮蔽用の鉄扉の鉄板が3枚。

扉を閉めるときは
下から上に持ち上げます。
posted by mulberry at 09:27| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください