2018年11月29日

シマオオタニワタリ、山中も増えてきました

DSCN8538.JPG


11/29  旧10/22  曇り


ヤギの食害を受けやすいシダ、
シマオオタニワタリ(チャセンシダ科・広域分布種)。

小笠原では人が食べる風習はないようですが、
新芽は食用にもなります。

僕は西表で食べました。


ヤギ駆除の成果で
ヤギの個体数が減っています。

そのため、
ヤギの食害が減っています。

山中には
よくしげるところも出てきました。

本来はこれが普通なのでしょう。
posted by mulberry at 07:14| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください