2018年09月03日

ムニンセンニンソウ花

DSCN7242.JPG


ムニンセンニンソウ(キンポウゲ科・固有種)が咲いています。

つる性で、樹木に絡みつき、
低いところで花を観察できるところは少ないです。

しかし
岩場で地をはうように生えているところがあります。

そこでは
背丈の低い草花のように花を観察できます。

この花、花弁はありません。

白い萼片4、外側の黄色っぽいおしべ多数、
中央部の白っぽいめしべ多数です。

おしべとめしべの違いは
位置と色以外にもあります。

おしべは
先端部に葯があるので、丸っこくなっています。
posted by mulberry at 14:46| 東京 🌁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください