2018年05月02日

南島内部のウバーレ

DSCN5345.JPG


5/2   旧3/17  曇り


南島西尾根から見下ろした
内陸部です。


こういう地形は
ドリーネ(1つのくぼみ)が複数でできていてウバーレとよぶようです。

島のまわりは崖地になっていて、
中央部がくぼんだこの地形です。

一番北部には
陰陽池があり、常時水がたまっています。

海水よりは薄い塩分が入っています。

また
浸食崖で外洋と通じている扇池もこのエリアにあります。


この南側にも同様なものがあって、
そこはサメ池とよばれています。

サメ池は底が海面下です。

近年、
尾根筋はクサトベラでかなりおおわれています。
posted by mulberry at 14:30| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください