2018年01月23日

ヤンバルタマシダの胞子嚢群

DSCN4395(1).jpg

DSCN4402(1).jpg

父島では
タマシダとヤンバルタマシダとも自生しています。

タマシダの方がより普通に見られます。

ヤンバルタマシダ(ツルシダ科・広域分布種)は
向陽地を好むようです。

形状はどちらも単羽状。

見分けは葉の長さと先っぽの形です。
並べるとわかりやすいですね。

ヤンバルの方が明らかに細長く、
先が尖り気味です。

胞子嚢群は葉の縁に1列に並びますが、
ヤンバルのほうがより密に並んでいます。
posted by mulberry at 13:26| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください