2018年01月18日

コハマジンチョウ(ゴマノハグサ科)花

DSCN4164.JPG

1/18  旧12/2   晴れ

小笠原では自生ゴマノハグサ科植物は
コハマジンチョウ(ゴマノハグサ科・広域分布種)のみです。

小笠原の分布は父島・弟島です。

父島での分布は
地質が石灰岩のところにほぼ限られています。

ジョンビーチ周辺や南島です。

南島では
外周部は尾根沿いなど広範囲に分布しています

内部のルート沿いでも見られます。

つる性で地上を這うように生えています。

花は白っぽくごく小ぶりです。
5裂、おしべ4、めしべ1です。

秋以降の涼期によく咲いています。
posted by mulberry at 11:12| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください