2017年12月14日

プラ擬木と近自然工法のコラボ・・釣浜支線歩道

DSCN3858.JPG

12/14 旧10/27  晴れ

この歩道は
釣浜へ下る歩道です。

プラ擬木の階段だけだと、
やや段差が高く感じる場所です。

そこを、近自然工法で階段を増やし、
段差を少なくしてあります。

こうすると、
無機質で均一的な階段も、自然な感じに見えますね。

プラ擬木と近自然工法のコラボ、
こういうのもありですね。
posted by mulberry at 07:48| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください