2017年09月22日

日米間海底電信線の残骸

DSCN2526.JPG

9/22  旧8/3  曇り

宮之浜の海底には
古い電信線の残骸がまだあります。

写真で
直線上になってるのがそうです。

1906年、日米間海底電信線が開通しています。

本州から小笠原を経由し、
グァム、ハワイ、サンフランシスコとつながっていました。

日本側は
本州と小笠原をつなげました。

小笠原から先は
アメリカ側でつなげていました。

その電信線の残骸です。
もう100年以上たっているんですね。

直径5cmほどのケーブルです。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/386992465.html
posted by mulberry at 06:34| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください