2017年03月31日

花のつくりがわかりにくいゲットウの花

DSCN0918.JPG

3/31  旧3/4  晴れ

道沿いで野生化しているゲットウ(ショウガ科・外来種)。

つぼみや花が見られるようになってきました。

花は筒状花で、
花被片6(萼片筒状3裂、花弁筒状3裂)で、おしべ6、めしべ1です。

花被片はかなりわかりにくいようです。

目立つ唇弁はおしべの変化したもの。

ただし、おしべは6ですが、
外列3のうち1は消失、あとの2は唇弁の脇に付属片として残ります。
内側3のうち、下側2は唇弁になり、1だけが機能をもつおしべ。

おしべとめしべは融合して唇弁の上にのびて、
先端に柱頭、その根元側下面に葯がつく。

かなりわかりにくい構造ですね。苦笑
posted by mulberry at 08:13| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください