2015年03月06日

3/5午前、平成26年度第2回 小笠原諸島世界自然遺産 地域連絡会議

P3050145.JPG

3/5午前、地域連絡会議が開催されました。
関係機関の担当者・責任者と地域各団体の長などが会議に出席します。

僕も地域団体の会長として出席しています。

入港前の時間帯でしたので、
汽笛の音とともに途中退席さててもらいました。

会議は公開で傍聴は自由です。
時間の都合か関心の低さなのか、傍聴者は少なかったです。

議題は
現状と当面の課題、村民意見交換会結果、次年度の関係機関の事業などです。

現状の説明では
新たにツヤオオズアリの侵入についても報告がありました。

遺産以降、外来種の新たな脅威が増えつつあり、
すでに危機遺産という表現をする研究者もいます。

かなりヤバイ状況です。

山ほど課題があります。

これらは現場で起きていることですが、
規制によって一般島民はその現場に行けない状況もあります。

そこで、
島民や関係者への現場視察会の開催要望がいくつか出ていました。
posted by mulberry at 07:20| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください