2014年11月19日

シマモクセイは雌雄異株

PB149715.JPG

11/19   旧閏9/27  曇り

シマモクセイ(モクセイ科・広域分布種)は
10-11月ごろ花期を迎えます。

雌雄異株なので、
それぞれ雌雄で花の形態が違っているはずです。

雄花はおしべが目立ち、雌花はめしべが目立つはずです。

モクセイ科の花の特徴は
花は4裂で、おしべは2(ときに4)です。

この写真は
おしべが2つ目立つので雄株ですね。

もう少しちゃんと
雌雄の花に注目してみます。
posted by mulberry at 08:11| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください