2014年11月18日

コウライシバの花穂がのびて

PB189739.JPG

南島では、
11月から3か月間、植生回復を目的とした入島制限があります。

ちょうどその時期、
コウライシバ(イネ科・広域分布種)は花期を迎えます。

花穂をのばし、
そこにおしべやめしべが出てきます。

コウライシバは
ルート沿いにも広範囲に生えています。

コウライシバにとっては、
入島制限の時期で人に踏まれずに済むので幸いなのでしょうね。
posted by mulberry at 16:22| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください