2014年01月07日

紅白の花が咲くイソマツ

P1065707.JPG

南島の海面に近い岩場では
広範囲に生えているイソマツ(イソマツ科・広域分布種)

花を赤みを帯びたものが普通です。

ところが、
東尾根南部のエリアでは白花のものが見られます。

場所によっては、
白花、赤花が隣接して生えています。

白花のは
小笠原には生えていないハマサジのような感じです。

でも、
白も赤も、葉の感じはほとんど変わらないように思います。

さて、この白花と赤花の違い、
単に色の変異なのでしょうか?

誰か教えてくれませんか?
posted by mulberry at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック