2013年11月29日

ハツバキの果実

PB274929.JPG


11/29  旧10/27  曇り

ハツバキ(トウダイグサ科・固有種)は
ブログ初登場です。

個体数はそれなりに多いのですが、
花・果実を見ることが少なく、ブログネタになりませんでした。

あまり印象に残らない植物ですね。苦笑

和名からするとはツバキ科の植物のようですが、
トウダイグサ科です。

とある図鑑では
樹肌がツバキに似ていると書いてあります。


樹高5m程度までの小高木で、林縁などに多いですね。

今回は果実の紹介で、沢筋の疎林で見つけました。

大きさはびわやりやや小さいくらいの感じで、
徐々に黄色くなっていくようです。

小笠原でトウダイグサ科の植物と言えば
外来種の代表格・アカギがあります。

自生種とされているものは
本種のほかには、セキモンノキ・テリハニシキソウくらいですね。


posted by mulberry at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック