2013年11月16日

「終戦60年特別ドラマ 二十四の瞳」(DVD)



410_ga070_0_1.jpg


年末の小豆島旅行の予習のために観ました。

壺井栄原作「二十四の瞳」は
古くから映画化、ドラマ化されています。
http://www.shinchosha.co.jp/book/110201/

僕が入手したDVDは
この「終戦60年特別ドラマ 二十四の瞳」です。
http://www.ntvshop.jp/410/p/g/gga070/

主演が黒木瞳で
個人的に好きな女優さんということもあります。笑

2005年8月にドラマ化されています。

最近では松島奈緒さん主演のドラマもあります。
http://ropping.tv-asahi.co.jp/goods/disp/CEtaLastGenGoodsPage_002.jsp?GOODS_NO=74496


島の分教場に赴任した大石久子先生と12人の児童とのふれあいを
描いています。

先生はすぐに島の本校の方に転任になります。
子供たちは上級生になると、本校に通い、先生との交流が復活。

それから育っていくにつれて
時代は戦争へと突入。

このドラマは戦後60年という節目に作られているので、
かなり反戦的な所を描いていもいます。

つらい時代を乗り越え、
戦後に、先生と生徒の集まりがあります。

その時、戦死したり、病死した人がいて、二十四の瞳はありませんが、
気持ちは二十四だったのだと思います。
posted by mulberry at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック