2013年11月08日

コウライシバの花

PA284525.JPG



11/8  旧10/6 曇り

南島では
コウライシバ(イネ科・広域分布種)が花期を迎えつつあります。

コウライシバは
南島では広く分布し、観光ルート沿いでも見られます。

ただ、11-1月間は、入島制限記なので、
砂浜エリアの利用に限られます。

でも上陸すれば
コウライシバはその砂浜エリアの境にもあります。

よく見ると、可愛いピンク色しています。

ちなみに本種は
小笠原や沖縄方面で自生しています。

ゴルフ場でもコウライシバが使われますが、
そちらは違う種がコウライシバと呼ばれているようです。


posted by mulberry at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック